ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

2017年7月29日公開,115分
  • 上映館を探す

カリフォルニア州南部の小さなハンバーガーショップ、マクドナルドを世界最大のファーストフードチェーンへと成長させた男、レイ・クロックの実話を描く人間ドラマ。創業者であるマクドナルド兄弟とミキサーのセールスマンだったレイとの出会いから、両者の対立まで、成功の陰にあったダークな側面までも映し出す。レイをマイケル・キートンが演じる。

予告編・関連動画

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1954年のアメリカ。52歳のセールスマン、レイはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店、マクドナルドと出会う。商品を早急に提供するシステムやコスト削減、高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出し、レイはフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得。ところが利益を追求するレイと兄弟の関係は悪化していく。

作品データ

原題
THE FOUNDER
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
KADOKAWA(提供:KADOKAWA=テレビ東京=BSジャパン=テレビ大阪)
上映時間
115分

[c]2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • ミカン

    1
    2017/10/23

    現在、秋田での一館でしか上映されていないた為、観たくても期間が短すぎるので、この興味ある世界中に広まったマクドナルドハンバーガーの始まりの話しを是非とも延長か他館での上映もして欲しい!!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • seapoint

    3
    2017/8/27

    アメリカビジネスなくして世界中にあるマックはなかった。こうやって気軽にハンバーガーをありつけるのはレイのオカゲ?ジューサーの営業マンがマクドナルド兄弟が考えたファーストフードの基礎に多大な共感と魅力を覚え、契約を渋るマック兄弟に自分が作成した契約書にサインさせる。ややごり押し。

    営業マンゆえか初めから押しが強い。その人気は自分でも想定外であっただろう。自分が作った契約書にも関わらず、やはり納得いかんと…
    この時不動産屋と出会わなけれがチェーンの拡散に儲け。幸運というしかない。ついでに妻も略奪愛っぽいし。

    そんな部分をみると営利目的だけのあくどい男だがやはりできる男。フランチャイズ初期は自ら散らばるゴミを処理し、できるスタッフは忘れず、栄転させる。マック兄弟が品質にこだわるように、フランチャイズの基礎は忘れない。

    海外でも食べ馴れない現地フードに対しマックならとりあえず安心とかマックのポテトが無性に食べたくなるとかよく聞く。これってファーストフードへの最大級讃美じゃない?

    劇中のあやうくシェイクは粉なのかと思ったけれどでしょうね、ちゃんと後日説明あってほっとした。あぶない、あぶない。
    いやー、こういう役、M.キートンぴったり。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 4
    2017/8/25

    好きか嫌いかは置いておいて、知らない人はいないのではないかと思われる、マクドナルド。
    当初の姿とは随分変わってしまったんですねぇ。
    マクドナルドのハンバーガーファンの人にとっては、レイのお陰で世界中の彼方此方で食べられるのですから、恩人なのでしょうね。

    素朴な仲良し兄弟だけの手ではこうはならなかった。

    アイディアを思いついて、それを実行する人と、その商売を売って儲けるのは、別の才能ですね。

    経営学の勉強になりそうな映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告