映画-Movie Walker > 作品を探す > ルージュの手紙

予告編動画を見る ルージュの手紙の画像

血のつながらない母娘が30年ぶりの再会を機に、ぶつかりあいながらもお互いを受け入れ、少しずつ距離を縮めていくさまを描く人間ドラマ。カトリーヌ・ドヌーヴが自由奔放で人生を謳歌する母親を、『大統領の料理人』で注目を浴びたカトリーヌ・フロが娘を演じ、女同士ならではの軽妙なやりとりを披露する。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

パリ郊外。モント=ラ=ジョリーに暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)は、女手ひとつで息子を育てあげてきた。長年続けてきた助産師の仕事に誇りを持ちつつも、自分の生き方を振り返る時間もなく、気づかぬうちに疲れ果てていたある日、1本の電話が入る。その相手は、30年前に突如姿を消した血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)だった。“父に会いたい”という突然の連絡に困惑するクレール。実はクレールの父は、ベアトリスが突然姿を消した事が耐えられず、自殺していたのだ。そのことが原因で、クレールはベアトリスを許せずにいた。真面目なクレールに対して、お酒とギャンブルが好きで自由な人生を謳歌するベアトリス。そんな身勝手なベアトリスにあきれつつも、クレールは全てを失って戻ってきた彼女の事を放っておけなかった。やがて、ベアトリスの古い秘密が明らかになるにつれ、2人の間の失われた年月が埋まってゆく。そしていつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され、人生の扉を少しずつ開き始める……。

見たい映画に
登録した人
11

作品データ

原題 SAGE FEMME
製作年 2017年
製作国 フランス
配給 キノフィルムズ/木下グループ
上映時間 117
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ルージュの手紙

ムービーウォーカー 上へ戻る