映画-Movie Walker > 作品を探す > ロダン カミーユと永遠のアトリエ

予告編動画を見る ロダン カミーユと永遠のアトリエの画像

『ポネット』の名匠ジャック・ドワイヨンが、“近代彫刻の父”と呼ばれる芸術家オーギュスト・ロダンの半生を描く人間ドラマ。内縁の妻ローズと弟子で愛人でもあった女流彫刻家カミーユ・クローデルとの間で揺れ動くロダンの愛と苦悩に満ちた日々や、数々の名作誕生の裏側がつづられる。ロダンを演じるのは演技派ヴァンサン・ランドン

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1880年、彫刻家オーギュスト・ロダン(ヴァンサン・ランドン)は長い下積み時代を経て、初めて国から大きな仕事を発注され、意気揚々と制作に臨んでいた。国から支給されたアトリエでダンテの『神曲』を題材とした『地獄の門』の構想を練るが、1年かけてデッサンを起こし造形を探るも、思うようにまとまらなかった。この時期、ロダンは美しく優秀な弟子カミーユ・クローデル(イジア・イジュラン)との関係を深めていく。1891年、フランス文芸協会会長であるエミール・ゾラの口利きで文豪バルザックの記念像を制作することになったロダンは、現在知られているあの最終的な形に至るまで結局7年もの歳月を費やすことになる。『地獄の門』の制作同様、ロダンとカミーユの蜜月も永遠に続くかに見えたが、ロダンには内縁の妻ローズがいた。ロダンはカミーユとは別の形で豊満なブロンズ像のようなローズを愛し、決して別れようとはしなかった。カミーユはその不安から芸術家としての成功を追求するも、ほとばしる才気はロダンさえ呻らせるが、世間には認められなかった。カミーユはローズへの嫉妬や中絶を経験させられた哀しみ、ロダンの成功への妬み、認めてくれない社会への怒りを爆発させ、ロダンを激しくなじる。するとロダンは、「芸術家としての君は脅威だ。私など必要ない」と言い放つ。これはカミーユにとって師からの卒業であり、愛の終わりを示していた……。

見たい映画に
登録した人
11

作品データ

原題 RODIN
製作年 2017年
製作国 フランス
配給 松竹=コムストック・グループ
上映時間 120
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ロダン カミーユと永遠のアトリエ

ムービーウォーカー 上へ戻る