TOP > 映画作品を探す > クジラの島の忘れもの

クジラの島の忘れものの画像

日本人女性とベトナム人青年が国境を越えて愛を貫く姿を描くラブストーリー。2007年秋。愛美は東京から沖縄の叔母のもとへ移り住み、旅行代理店で働き始める。悲しい過去を持つ愛美は、仕事先で出会ったベトナム人青年コアの純朴な優しさに惹かれていく。出演は、「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE『悪魔』」の大野いと、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィン。監督は、本作が長編映画初監督となる牧野裕二

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2007年秋。愛美(大野いと)は東京を離れ、沖縄で暮らす病気の叔母のもとへ住まいを移す。展望デッキで見知らぬ家族を見つめる愛美を見つけたベトナム人の青年・コア(森崎ウィン)はふと足を止める。旅行代理店に就職した愛美は、先輩の恵子と共にIT企業アザナに向かい、社長の平良、研修生で台湾人のヤン、そしてコアと出会う。恵子に誘われて行った居酒屋で、アザナの3人と再会する。コアは、「ベトナムの町や人をもっと豊かにしたい」と語り、愛美の夢を尋ねる。愛美は「子供の頃の思い出のクジラのブリーチをもう一度見たい」と話す。コアたちに送ってもらい、コアから「ベトナムの誕生日は、自分が生まれたことを自分が一番感謝し、その感謝を大切な人に伝える儀式」と聞かされた愛美の表情が曇る。愛美の誕生日は、母を失った阪神淡路大震災の日だった。後日、アザナから旅行ツアーの申し込みがあり、行き先はコアが愛美の話を聞いて希望した座間味島のホエールウォッチングに決まる。滞在するのは、愛美が12年前、母と泊まった民宿だった。母との思い出の海に向かった愛美は、「素敵な未来が待ってるよ」という母の言葉を思い出す。コアは愛美に、「過去は変えられないけど、未来は自分の手で変えることができる」と告げる。その夜、2人で星空を見上げながら、愛美の母のことや、震災で思い出の品もすべて失ってしまったことを知るコア。愛美は、純朴でストレートなコアの優しさに惹かれていく。翌年、ベトナムに最終面接で一時帰国するコアは、愛美を誘う。迷った末、一緒にベトナムに行くことを決意した愛美は、反対する叔母に「自分を変えたい」と言う。コアの案内でナン、ホイアンを訪れた愛美は、彼の友人たちに誕生日パーティーを開いてもらい、少しずつ人生の希望を見出していく。沖縄に戻ってすぐ、コアは通りがかった女性を追いかけ、彼女を抱きしめる。愛美はその姿を見てショックを受け、母との思い出の座間味島に向かう。

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 エムエフピクチャーズ
上映時間 98
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 牧野裕二
脚本 嶋田うれ葉
脚本協力 牧野裕二
編集 牧野裕二
主題曲 ReN
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/2更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > クジラの島の忘れもの