リンキング・ラブ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リンキング・ラブ

2017年10月28日公開,116分
  • 上映館を探す

萩島宏による同名ネット小説を「ガメラ」シリーズの金子修介監督が実写映画化。両親の離婚危機を阻止するため、2017年からバブル終焉直後の世界へとタイムスリップした女子大生・美唯が、若き日の母親やその友人たちと共にアイドルグループ・ASG16を結成する。出演は、アイドルグループAKB48の田野優花、「22年目の告白 私が殺人犯です」の石橋杏奈、「Dance!Dance!Dance!!」の白洲迅、「超高速!参勤交代 リターンズ」の中尾明慶、「笑う招き猫」の落合モトキ。脚本は、金子修介と「太陽の蓋」の長谷川隆。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2017年。両親と同じ青山星陵学院大学に通う真塩美唯(田野優花)は、アイドルになる夢が叶わず、鞍替えして始めたラップもフリースタイルバトル決勝戦で負けてしまう。美唯が帰宅すると、ダメな父・健一郎(渡辺徹)に愛想を尽かし、母・由美子(石橋杏奈)が家を出るところだった。家庭が崩壊し、途方にくれる美唯の前に現れたのは、部屋にあった魔法のランプから飛び出してきた守護神と名乗る怪しい男(西村まさ彦)。“3つの願い事”を叶えてくれるというが、早合点した守護神は突如、美唯をバブル末期の1991年へとタイムスリップさせてしまう……。そこは若き日の両親が通うキャンパスだった。だが女子大生の由美子(石橋杏奈)と健一郎(白洲迅)は、交際しているものの心がすれ違いぎみ。このままでは自分は生まれない……と不安になった美唯は、アイドル好きの健一郎を振り向かせるため、美唯が大好きなAKB48の楽曲を持ち込んで、由美子やその友人たちとアイドルグループ・ASG16を結成する。厳しいレッスンと数々の試練を乗り越え、美唯は未来を変えることができるのか……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
BS-TBS(配給協力:トリプルアップ)
上映時間
116分

[c]2017 AiiA Corporation [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?