TOP > 上映中の映画作品を探す > CAGE

ドラマ『ワイルド・ヒーローズ』などの脚本家、蛭田直美のオリジナル脚本を「HIRAKATA」の杉山嘉一が映画化。危険人物を隔離する目的で作られた“鳥カゴ”と呼ばれる地区で、“逃がし屋”として働くラギとリュウの元にある日、奇妙な依頼が舞い込む。出演はドラマ『スター☆コンチェルト』の鷹松宏一、「マスタード・チョコレート」の神永圭佑。2017年9月21日・22日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて上映会を開催後、順次上映。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

塀や金網に囲まれた街“国際人権保護自立支援特別街区”、俗称“鳥カゴ”。そこは、最小限の経費で危険人物を隔離するために作られた巨大な牢獄だった。“住人”は、一歩でも敷地外に出ると、体内に打ち込まれたマイクロチップが破裂し、死亡する。無法地帯と化した鳥カゴだったが、一般の人々は自由に出入りできるため、興味本位で立ち入って戻らなくなる者も多く、特に若い女性の行方不明者が後を絶たなかった。しかし、治外法権の鳥カゴ内に公の捜索が入ることはなく、自己責任として放置されていた。そんな行方不明者を家族からの依頼で探し出し、連れ戻す“逃がし屋”のラギ(鷹松宏一)とリュウ(神永圭佑)。命の危険も顧みず、ゲーム感覚で仕事を続ける彼らの元にある日、奇妙な依頼が舞い込む。それは、1人の少年を鳥カゴの中枢まで連れて行ってほしいというものだった。依頼人から提示された桁外れの報酬に危険を感じるリュウ。だが、“道に迷ったら明るい方を選べ”という命の恩人の言葉を指針にしているラギは、“引き受けてやる方が明るい道だ”と、その依頼を受ける。それが自らの存在を大きく揺るがす、触れてはならない鳥カゴの真実に直面することになるとも知らず……。

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
上映時間 104
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 杉山嘉一
脚本 蛭田直美
エグゼクティブプロデューサー 高取佑
プロデューサー 鷹松宏一
撮影 渡邊豊
助監督 藤原弘樹
録音 佐藤栄一
照明 齊藤淳
美術 高水裕樹
衣装 影山靖奈
殺陣 青山太久
音楽 永井カイル
ヘアメイク 小林里絵
演出部応援 中村隆彦
スタイリングアドバイザー 水野遼平
制作担当 小俣一生
制作主任 畠山智行
制作進行 近藤春菜
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > CAGE