映画-Movie Walker > 作品を探す > ミッドナイト・バス

ミッドナイト・バスの画像

伊吹有喜原作の同名小説を映画化。新潟と東京間を運行する長距離夜行バスの運転手・利一には、離婚した妻・美雪、息子の怜治、娘の彩菜がいるが、今は別々に暮らしている。ある日、利一のバスに美雪が偶然乗車する……。第30回東京国際映画祭特別招待作品。出演は、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「WHO AM I?」の山本未來、「振り子」の小西真奈美、ドラマ『わろてんか』の葵わかな、「SCOOP!」の七瀬公、「ぼくたちの家族」の長塚京三。監督は、「ジャンプ」の竹下昌男。2018年1月20日より新潟先行ロードショー。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 7
レビュー 2
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (4)
星4つ 50% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

長距離夜行バスの運転手・高宮利一(原田泰造)は16年前に妻の美雪(山本未來)と離婚した後、故郷の新潟で暮らしながら、新潟と東京間の運行業務を担当している。利一と美雪と間にできた息子の怜治(七瀬公)と娘の彩菜(葵わかな)は、今は別々に暮らしていた。東京で定食屋・居古井を営む恋人・志穂(小西真奈美)との逢瀬が、利一のささやかな心の拠りどころだった。ある日、利一が乗務するバスに、美雪が偶然乗ってくる。父・敬三(長塚京三)が怪我をしたため、面倒を見に東京から新潟まで通っているという。そのころ、東京で働いていたはずの怜司が突然帰郷する。友人とシェアハウスで暮らす彩菜は、結婚と夢の間で揺れていた。利一たちは新潟で共に過ごす機会が増え、一度壊れた家族の心は徐々に再び通い合う。やがて、それぞれの人生の新たな時間が動き出していく……。

見たい映画に
登録した人
12

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 アークエンタテインメント
上映時間 157
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 竹下昌男
製作 竹下昌男渡辺美奈子小田敏三星野純朗
プロデューサー 本間英行遠藤日登思
原作 伊吹有喜
脚本 加藤正人
撮影 丸池納
音楽 川井郁子
美術 飯塚優子
編集 奥原好幸
録音 白取貢
助監督 佐野友秀
照明 山川英明

関連ニュース

“映画の神様”が味方した『ミッドナイト・バス』お披露目に、原田泰造が喜びの笑顔
“映画の神様”が味方した『ミッドナイト・バス』お披露目に、原田泰造が喜びの笑顔(2017年11月3日)

東京・六本木のTOHOシネマズ六本木を中心に開催中の第30回東京国際映画祭で11月2日、特別招待作品『ミッドナイト・バス』のワールドプレミア上映が行われた。舞台…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ミッドナイト・バス

ムービーウォーカー 上へ戻る