TOP > 映画作品を探す > 日々と雲行き

日々と雲行きの画像

「ベニスで恋して」のシルヴィオ・ソルディーニ監督が中年夫婦の機微を映し出す人間ドラマ。一人娘が成人し豪邸で仲睦まじく暮らすミケーレと妻エルサ。フレスコ画の研究に打ち込むエルサだったが、夫が失職してしまい、それを機に夫婦の間に亀裂が生じてゆく。出演は「母よ、」のマルゲリータ・ブイ、「ローマでアモーレ」のアントニオ・アルバネーゼ、「おとなの事情」のジュゼッペ・バッティストン、「ハングリー・ハーツ」のアルバ・ロルヴァケル。撮影を「湖のほとりで」のラミーロ・チヴィータが務める。2008年5月、「イタリア映画祭2008」にて上映。2017年5月27日より開催される特集上映「Viva! イタリアVOL.3」にて劇場公開。

3/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

会社を経営するミケーレ(アントニオ・アルバネーゼ)と、妻エルサ(マルゲリータ・ブイ)は豪邸で仲睦まじく暮らす中年夫婦。一人娘のアリス(アルバ・ロルヴァケル)も20歳になり、エルサはフレスコ画についての学位取得のため充実した日々を送っていた。研究は教授からの評価も高く、卒業パーティーには大勢の友人たちが駆けつけて祝ってくれたばかりでなく、卒業後にはミケーレとのカンボジア旅行が待っていた。しかし、パーティーの翌朝、平日だというのに家にいるミケーレを問い詰めると、2カ月前に共同経営者から外され失業したと打ち明けられる。驚くエルサに、ミケーレは「仕事を探しているし、面接も受けている」そして「家を売る」と言う。ほどなくして、不動産業者が買い手候補を連れて下見に訪れる。家政婦も辞めてしまい、ヨットも売却。エルサも仕事に出るようになり、二人は狭いアパートに引っ越すことになる。だが、ミケーレは友人たちと食事をすると奢りたがる。そんな夫にエルサはますます不満が溜まっていく。ある日、制服のベストを着てオートバイで宅配の仕事をするようなったミケーレを、偶然アリスが目撃する……。

作品データ

原題 GIORNI E NUVOLE
製作年 2007年
製作国 イタリア=スイス=フランス
配給 パンドラ
上映時間 117
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

健気

投稿者:

(投稿日:2017/6/16)

プライドの高い男からしごとをとったら、本当にダメダメね。 …

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 日々と雲行き