映画-Movie Walker > 作品を探す > 北の桜守

予告編動画を見る 北の桜守の画像

激動の時代を生きた家族の愛をつづる、吉永小百合の120本目の出演作となる人間ドラマ。太平洋戦争末期の樺太と、1970年代の札幌という2つの時代の物語を名匠・滝田洋二郎監督が描き、“昭和”の時代をスクリーンによみがえらせる。吉永演じる主人公の息子を堺雅人、夫を阿部寛が演じるなど、豪華キャストが顔を揃える。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 21
レビュー 2
投票 19
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 44% (4)
星4つ 100% (9)
星3つ 44% (4)
星2つ 44% (4)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1945年8月、ソ連軍は侵攻を開始し、江蓮てつは息子二人を連れ樺太を脱出。決死の思いで北海道の網走に辿り着き満身創痍の親子を意識を失うほどの厳しい寒さと飢餓が襲い、想像を絶する過酷な生活が待ち構えていた。1971年、アメリカで成功を収め日本初のホットドックストアの日本社長として帰国した次男の修二郎は、15年ぶりに網走へ。そこには長男の姿はなく、年老いた母がたった一人夫を待ち続けてわびしい暮らしをしていた。修二郎は母の面倒を見る決心をし札幌へ連れ帰るが、てつは薪を使い米を炊き近所から苦情を受けたり、金を払わないまま八百屋から葱を持ち去ろうとしたりと、次第に不可解な行動を見せ始める。てつは戦禍によるPTSDの後遺症に陥っていたのだった。立派になった修二郎に迷惑をかけたくないとの思いからてつは網走に戻ろうとするも、住処はすでに取り壊された後だった。帰る場所を失ったてつと、てつに寄り添いたいと思う修二郎。北海道の大地を巡り過去を辿りはじめる二人。その旅はやがて親子の抱える禁断の記憶の扉を開けていく。

見たい映画に
登録した人
28

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 126
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

江蓮てつ 吉永小百合
江蓮修二郎 堺雅人
江蓮真理 篠原涼子
山岡和夫 岸部一徳
島田光江 高島礼子
三田医師 永島敏行
居酒屋たぬきの主人 笑福亭鶴瓶
岡部大吉 中村雅俊
杉本久 安田顕
木村学 野間口徹
岩木 毎熊克哉
土屋慶太
阪本颯希
菅原大吉
螢雪次朗
大出俊
江蓮徳次郎 阿部寛
菅原信治 佐藤浩市

レビュー

タイトルで損している作品。中身は凄いよ。

投稿者:お水汲み当番

(投稿日:2018/04/07)

ストーリーは「あらすじ」に記されている通りです。 この映画…

[続きを読む]

支持者:0人

戦争を生きた家族の愛

投稿者:ローズ

(投稿日:2018/03/21)

第2次世界大戦で日本が降伏した後、北方領土にソ連が侵攻し、逃…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

『万引き家族』が日本アカデミー賞作品賞含め最多8冠!松岡茉優は号泣
『万引き家族』が日本アカデミー賞作品賞含め最多8冠!松岡茉優は号泣(2019年3月1日 22:52)

第42回日本アカデミー賞授賞式が、3月1日にグランドプリンスホテル新高輪で開催。最多8部門に輝いたのは、是枝裕和監督作『万引き家族』で、作品賞をはじめ、最優秀監…

安藤サクラ、最優秀主演女優賞に涙、子育てと女優業の両立に悩んだことを告白
安藤サクラ、最優秀主演女優賞に涙、子育てと女優業の両立に悩んだことを告白(2019年3月1日 22:37)

第42回日本アカデミー賞授賞式が、3月1日にグランドプリンスホテル新高輪で開催。最優秀主演女優賞に輝いたのは『万引き家族』の安藤サクラで、ブロンズを手に感涙し、…

樹木希林が最優秀助演女優賞!娘・内田也哉子が明かす、亡くなる直前の樹木希林の“謝罪”
樹木希林が最優秀助演女優賞!娘・内田也哉子が明かす、亡くなる直前の樹木希林の“謝罪”(2019年3月1日 21:58)

第42回日本アカデミー賞授賞式が、3月1日にグランドプリンスホテル新高輪で開催。見事、最優秀助演女優賞に輝いたのは、18年9月に他界した樹木希林だった。対象作品…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 北の桜守