映画-Movie Walker > 作品を探す > パトリオット・デイ > レビュー

投稿レビュー(12件)パトリオット・デイは星4つ

「パトリオット・デイ」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

市民に最敬礼。 (投稿日:7/16)

▼ネタばれ(クリックして読む)

この監督の作品の中では一番観やすかった気がする内容。まさか
マークが架空の人物をやるとは知らなかったので(予習不足)後半
実物が出てきた時、エ?どの人?なんて思った自分が情けないが、
確かに主人公の活躍場面が今までと違ってほとんどないので納得。
事件が起きてからどうやって解決していったのかが分かりやすく、
市民が一体となり協力した様子もよく分かる。どんなに怖かった
だろうと思うが、自分の記憶では爆破場面のニュース映像と防犯
カメラで白黒帽子兄弟が判明したことや、最後に逮捕される時の
庭のボート?の映像だったろうか、映像で把握しているくらいで
詳しい逮捕までのいきさつを知らなかった。まさかあんな銃撃戦
が住宅街で行われていたなんて!その迫力が凄まじくかなり怖い!
また射殺された兄の未亡人を取り調べる際にふらっと現れる謎の
女取調官がすごく怖い。あの緊迫感は何?というくらい緊張する。
ともあれ次のテロが行われる前に阻止できたことと、瀕死の重傷
を負いながら助かった人々に救われた。ボストンの市民に最敬礼。»ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

テロが奪ったものと奪えなかったもの。凄惨な事件の裏にあった真実。 (投稿日:7/10)

【賛否両論チェック】
賛:実際に起きた事件の発生から解決までを、淡々とした描写の中で映し出す様子に、人々の意志の強さや団結力が垣間見えるのが印象的。アクションも重厚。
否:手足の切断等、かなりグロいシーンが多いので、苦手な人には向かない。

 冒頭は、何気ない日常がまるで群像劇のように描かれ、その人々の日常が非情なテロによって突然破壊されてしまう様子に、思わず言葉を失います。
 そしてそんな凶悪な事件を目の当たりにし、解決を胸に誓った主人公達捜査関係者の奮闘や、思いもよらぬ展開を見せる事件の顛末が、緊迫のアクションと共に描かれていくのも、また印象に残ります。個人的には、町を知り尽くすトミーが監視カメラの映像を基に、犯人の足取りを的確に言い当てるシーンが、驚きでした。
 結構グロテスクなシーンもあるので、好みは分かれるかも知れませんが、決して忘れてはいけない事件の真実を、是非ご覧下さい。»ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ドキュメンタリーを観ているよう (投稿日:7/4)

ドキュメンタリーを観ているような映画。ニュースで知ったつもりになっていた事件が、加害者、被害者、捜査する人々、それぞれの視点で丁寧に描かれている。残酷な事実に息が詰まりながらも目をそらせなかった。

犯人は何故テロを起こしたのかという、一番知りたい部分は解決されず、実際、人の胸の内などわからないのだから仕方ないとはいえ、ちょっともやっとした。»ガイドライン違反報告

投稿:TAKE

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

事実ではなく真実に迫った驚異作 (投稿日:6/25)

カミさん同伴で観賞。「凄い」に尽きます。
有名な「ボストンマラソン爆弾テロ」を題材にした、フェイクドキュメンタリーでも再現ドラマでもない。「事実」ではなく、そこで起こった「真実」に迫った驚嘆すべき作品です。
そこで起こったことよりも、関わった人間を焦点にし、想いを行動で表しています。弱さと愚かさ、信念と誤解、強さと愛、様々な人間模様が大事な事を教えてくれます。
是非、皆さんにご覧いただきたい逸品です。»ガイドライン違反報告

投稿:YO99

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

事件の惨劇と再生の力強さは伝わったが・・・ (投稿日:6/24)

 2013年4月15日に起こったボストンマラソン爆破テロ事件を事実に基づきながら、架空の主人公を加えて描いたドラマ。
 
 事件の惨劇と被害者たちの再生の力強さは伝わり、ラストは実際のフィルムが流れて、それなりに感動するのですが、これはあくまでも映画!
 架空の主人公を中心としたドラマが、単調でありがちな展開の為、正直、もったいない仕上がりと感じてしまいました。

 監督のピーター・バーグは前作の「バーニング・オーシャン」もそうでしたが、「ドラマ」に対して、もう少し工夫する努力が必要かもしれません。

 とはいえ、テロのない世界が訪れることを心から願います!»ガイドライン違反報告

投稿:杉ちゃん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

地域密着の戦い (投稿日:6/18)

ボストンマラソンという名の地域密着伝統あるイベント。
ホストン出身者ってとてもその土地を愛している気がする。(M.デイモンやB.アフレックのような)
そんな人たちが多い所での悲劇。しかも犯人は移民。もー、これではトランプのマニフェストが正論に見えてくる。
ボストンだけではない。あちこちでこんなことが多発し、犯人を仕留めてもまた新たな犯人が…
大方、イスラム云々の問題ではなく、個人の問題をイスラムにシフトして犯行しているとしか思えない。本来のイスラムがそう指南しているとは到底思えないし、そんなわけない。

混乱の中、地元警察にFBI。連絡ミスやらでランナーに地元人、けが人、大パニック。特に現場の証拠確保に小さな遺体をそのままにし、一人の警察官がその側に佇む心境っといったら、胸が詰まる。

必死の追跡と銃で犯人を追い込む。
たかだか10,20代の若造。命の重みもゲーム感覚。自分のストレスをテロでうっちゃろうとし、神気取り。周囲にまともな人間はいないのか。視野や思考が狭いのか。こういった恐るべき分子が増加している…

地元警察官の頑張りに目を見張る。J.K.シモンズことジェフのながら喫煙で現場に向かう姿がエェ。そして最悪の偶然中国人。メルセデスといった高級車をこのご時世に乗っているのは中国人が多いのだとか。(現地日本人より)意外なファインプレーだったな。

さてさて銃社会ではない日本で、日本の警察はこんなに行動できるだろうか。
»ガイドライン違反報告

投稿:seapoint

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

絶対に負けてはいけない。 (投稿日:6/18)

あの悲惨なボストンマラソン爆弾テロ事件を
改めて映像で観て、怒りと悲しみが込み上げながらも
目を背けることなくしっかりと目に焼きつけました。
ふと気づくと、自然と目が潤みそうになっていました。
どんな理由があろうとも、テロは絶対許してはいけない。
どんなことがあろうとも、テロには絶対に負けてはいけない。
ボストン市民の愛や正義感、心の強さ
そして警察の意地、結束力にも感動しました。
133分の間、スクリーンから目を離すことなく全てを吸収して、
終了時には心身とも力を使い果たした感じになりました。»ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

愛はテロに対抗する唯一の武器 (投稿日:6/18)

2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件を描く。
パトリオット・デイ(愛国者の日)に行われるボストンマラソンのゴール付近で、突然爆発が起き、その場の警備にあたっていたトミーは、FBI捜査官リックに呼ばれ、容疑者の足跡を辿る捜査に協力し、犯人逮捕への道を開く。
最高レベルのFBIも、現場周辺を知り尽くし、その土地を愛する警官と住民の熱意には叶わないということが淡々とした捜査過程で描かれる。
イスラム教徒の一部がなぜ破壊に走るのかわからないけど、建設的な社会、共に生きる道を開くのは愛の力で、決して武力ではないということが描かれているので、是非とも軍を強化しようなんて考えている人々に観てほしい、考え直してほしいものだ。»ガイドライン違反報告

投稿:ローズ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

とてつもない現実 (投稿日:6/12)

▼ネタばれ(クリックして読む)

これはサスペンスでも、警官ヒーロー物でも無い。
とてつもない現実なの。
平和ボケと良く言われるけれど、テロも戦争も遠い余所の国での出来事とTVを眺めて可哀想ね、酷いね、と言いながらチャンネルを変えて忘れてしまう(コレはホテルルワンダからの引用)私達に、足を吹き飛ばされたのは架空の誰かではなく、拉致され連れ去られるのも運の悪い誰かでは無く、襲われ命を奪われるのも脇役の誰かじゃなく、そして、その容疑者犯人ですら見知らぬ極悪人ではなく、いつも一緒に遊んでいた友人だったり、週末一緒に出掛ける約束をした思い人だったり、優しい家族だったり、そして自分自身だったりするって事を、突きつけられる。
そして、それを解決するのは、スーパーヒーローでもエリートでも天才頭脳でも無い。
友情だったり、ちょっとした勇気だったり、機転だったり。
安心の為に、失われた誰かの命の為に、これから起こるかもしれない惨事を止める為に、誰かの思いの積み重ねが解決に繋がって行く。
その誰かって言うのは、紛れもなく私たち一人一人の事なんだけど。
本当に、街一丸となって事件解決に挑み迅速に犯人逮捕にこぎつけたこの実話の、街の人たちの強さと、大統領をはじめそれを応援した米国の強さと、その後の被害者の強さと彼らの周囲の温かさと、そして、それを支えるようなボストンレッドソックスの存在に涙しました。
あのBキャップ私も持って居る♪ますます好きになりました。
»ガイドライン違反報告

投稿:

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

こんな現実は嫌だ (投稿日:6/10)

ボストンマラソンで実際に起きたテロの映画化。
それぞれが自分の立場で最善を尽くす。
ホラーではないのに凄惨な画面。
一番むごいと思ったのは、現場保存の為遺体収容ができず8歳の犠牲者の遺体の傍で4時間過ごした警官。

時系列がまっすぐで行きつ戻りつしないので、とても分かり易い。
内容は重いけれど、分かり易い映画はストレスが無い。»ガイドライン違反報告

投稿:パライバ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > パトリオット・デイ > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る