映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 普通じゃない職業

『獣電戦隊キョウリュウジャー』の金城大和と「1/11 じゅういちぶんのいち」の楡木直也がW主演を務めるフィルムノワール。“生まれつきの殺し屋” 金が仕事の報酬を受け取りに元締めであるマスターが営むバーに行くと、“プロの殺し屋” 大和がいた。製作・プロデューサー・脚本・監督は、「KIDS=ZERO キッズ=ゼロ」の須上和泰

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

真夜中、ビルの谷間で起こった殺人。それは“生まれつきの殺し屋” 金(楡木直也)の“仕事”だった。翌朝、金が仕事の報酬を受け取りに元締めであるマスター(森聖二)が営むバーへと向かうと、かつてマスターが雇っていた“プロの殺し屋” 大和(金城大和)がいた。マスターは大和を冷たくあしらい、店から追い出す。そして金に昨夜の報酬を渡し、新しい依頼を告げる。その依頼は、多額の借金を抱えた男・高村(島津健太郎)が生命保険で借金を返済するために自分を殺してくれという奇妙なものだった。金は、家族のために自らの命を捨てるということが理解できず、疑問を抱えたまま街を彷徨う。そのとき、大和に尾行されていることに気づく。“生まれつきの殺し屋”と“プロの殺し屋”の静かな戦いが始まる。過去にとらわれているキャバクラ嬢のひとみ(栞菜)、姉の復讐に燃える少年・クリス(石山イザリオン)、街を守ろうとし、ヤクザと対立するマー坊(富田翔)、シンヤ(荒牧慶彦)、タロー(岸本卓也)、それぞれの思いが複雑に絡み合い、二人の殺し屋の行き着く先とは……。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 トキメディアワークス
上映時間 72
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 須上和泰
脚本 須上和泰
プロデューサー 須上和泰
製作 須上和泰宇都木基至
闘技監督 森聖二
撮影 道川昭如
照明 荒井保
録音 吉方淳二
整音 吉方淳二
音楽 後藤冬樹
ライン・プロデューサー 山地昇
助監督 植田誠
衣裳/スタイリスト 部坂尚吾
メイク 藤原玲子
ガン・エフェクト 芦野広忠
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 普通じゃない職業