泥棒役者|MOVIE WALKER PRESS
MENU

泥棒役者

2017年11月18日公開,114分
  • 上映館を探す

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本を手がけた西田征史が自作の舞台を、関ジャニ∞の丸山隆平を主演に迎えて映画化したコメディ。昔の仲間に脅されて絵本作家の豪邸に忍び込んだ元泥棒が屋敷の中で出会う人々に間違えられ、正体がばれないようにと奮闘する姿を描く。絵本作家役の市村正親をはじめ、個性豊かなキャストが共演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

恋人と幸せな同棲生活を送るはじめは、かつて泥棒に手を貸した則男と街中で再会。恋人に過去をバラすと脅され、一緒にとある豪邸に忍び込むことに。ところが、セールスマンに家主と勘違いされ、さらに本物の家主である絵本作家の前園には出版社から来た編集者と思い込まれてしまい、その都度、いろんな役を演じるはめになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
ショウゲート
上映時間
114分

[c]2017「泥棒役者」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • ひゃん

    3
    2018/3/9

    そうか、やっぱりね…と思うほど舞台劇ならではの展開と台詞に
    若干飽きて鼻白む態勢にもなるがそこそこ最後まで観ていられる。
    市村正親万歳!な演技には大いに笑えるが最後はホロリとさせる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • おさおさ

    3
    2017/12/3

    カット割りが非常に少ないのに驚き。
    皆さん凄いなと思います。
    映画としての迫力とか、ダイナミックさは無いんですが、吉本新喜劇の舞台を見ているようで、妙に親近感があったり、ホッとする安心感があったり、ギャグの期待感があったり。
    最後のオチまでハッピーエンドで良かったです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • スナフキン

    4
    2017/12/1

    舞台劇を映画にしてみました~的な感じ。でも、童話のアニメパートもあるから、やはり映画じゃないと成り立たない。そこは舞台の場合は紙芝居になりそうだけど…。ストーリーは漫才のネタにもなりそうな発想ですが、コメディ・タッチに見えて意外と真面目な作り方なので、お笑いではなくて温かい人情話です。新海監督の娘さんの新津ちせチャンが「声」の出演しているのもいいですね。ちなみに主人公が編集者や家主や先生になりすましますが、そのなりすまし役は下手すぎて似ていません。そりゃバレるだろ~(笑)。でも、彼女が待っていてくれる家があるのって羨ましい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告