映画-Movie Walker > 作品を探す > 光(河瀬直美監督) > レビュー

投稿レビュー(6件)光(河瀬直美監督)は星4つ

「光(河瀬直美監督)」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

光をください。 (投稿日:6/23)

▼ネタばれ(クリックして読む)

音声ガイドという仕事を詳細に描いているのが興味深かった。
普段聞き慣れない説明調の言葉をどう感じるか。これは見て
語る立場と見ず理解する立場ではかなりの大差があると思う。
ヒロインは白黒つけたがる若き美人女性、実生活では苦労を
抱えているが果敢に仕事に挑んでいる。カメラマンは弱視で
いよいよ見えなくなる日が近づいている。ヒロインのガイド
に堂々と文句をつけ突き放すが、二人は反撥しているようで
実は似た者同士、互いを傷つけながらも徐々に近づいていく。
自身が見える立場なことから、音声ガイドをどう感じるかは
難しいが、映画にはやはり余白と間が必要だと思う方なので
あまりの説明過多は邪魔に感じると思う。また観る側も流し
聴きするか入り込むかでまた違う。どれも人それぞれ、故に
総勢が納得するガイドなど作れるものなのかと思ってしまう。
押しつけの定義も難しい。それを親切ととるかおせっかいと
とるか。藤竜也がいうように演出の意味合いはグレーであっ
ていいと思うほうだ。解釈するのも感じとるのも自由だから。
ラストのガイドをあの女優が務める。声の感触が変わるだけ
で受け取り方がこんなに変わるものかと観客は気付くはずだ。

(永瀬正敏は完璧。カメラを取り返すところなんかゾクゾク)»ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

体で光と風と音を感じた (投稿日:6/19)

視覚障害の人達の為、映画にナレーションを付ける事が
結構難しい作業なんだと感じた次第。永瀬演じるカメラマン
が視力が失われていく事は、予告編を観ていないと、本編からでは分かりにくいです。

しかし、作品全体に河瀬監督の思いがいたるところに現れている。風が吹いて木の葉がゆれる、ざわざわと。この所で、
音の効果が生きていて、観ている自分に風が吹いてきている
かの錯覚さえ感じさせた。また、視力が弱くなってきて、
空の光を目で感じている様に見える、ボカシ場面は良い
表現であった様に思う。

監督は場面ある毎に、演者の顔をアップで捉えていたが、
これは、かの実相寺監督の影響かと思わせる。だがあまりにもアップが多いのも、どうかと思う。

カメラマン中森が、遂に目の具合に諦め、自分の魂でもあったカメラを、放り投げる場面は、心を締め付けられた。
自分だったら、おめおめそのままにしていたであろう。

この作品で、永瀬正敏の演技力をあらためて見直した。
これからの日本映画になくてはならない人材であろう。
»ガイドライン違反報告

投稿:むーじょんぱぱ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

河瀬直美監督らしい作品! (投稿日:6/10)

 「萌の朱雀」から河瀬監督の作品は、とにかく「風景」と「光」を上手に使ったカメラワークが大好きで、今作品も随所に鳥肌モノのシーンがありました。

 また、演出もどこかドキュメンタリーのような「自然な空気」が漂っていて、「さすが」の一言です!

 とはいえ、今回は監督の「想い」が強すぎたのか、珍しく伝えたいことがわかりづらく、作品の「理解度」は観る側の心境で分かれそうです。

 それでも、他の日本映画では観られない独特な雰囲気(日本より海外ウケしそうな)を持った作品であることに違いありません。»ガイドライン違反報告

投稿:杉ちゃん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

作家性の高い映像美 (投稿日:6/9)

こういう作品は、論評が苦手です。河瀬直美監督は、『殯の森』以降観ていますが、今回の作品でも森の中の「道行き」が『殯の森』に被ってしまいますし、客観的な評価が難しいですね。
ただ言えるのは、我々の「見ている世界」が本当はどういう世界なのか、問題を突きつける点でしょうね。見えない人にも当然世界は存在する訳ですし。»ガイドライン違反報告

投稿:ミチさん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

思いを伝える演出力が秀逸 (投稿日:6/4)

河瀬直美監督の見る力がはっきり判る作品だ。
エキストラを含め全員が名演技をしている。名演技になる一瞬を演出していると言ったほうがいいのか。
予算の関係か、映像美に不満は残るが・・。この予算で、ここまで仕上げる力量は最上級だ!
»ガイドライン違反報告

投稿:Iwata Hiroyasu

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

「感動した~!!」… 今年(2017年)必見の河瀬直美監督作品 (投稿日:6/3)

2017年6月3日、新宿バルト9にて鑑賞。

感動した映画だった!!
今年必見の河瀬直美監督作品。(瀬の文字は文字化けすることあるので、こちらですみません。)

しかし、とんでもない映画を作ってしまう河瀬監督の手腕に拍手と脱帽。

前作『あん』ではハンセン氏病、今度は視覚障害者に優しい物語。
素晴らしい大傑作!!

<映倫No.121080>
»ガイドライン違反報告

投稿:たっかん

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 光(河瀬直美監督) > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る