パーソナル・ショッパー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パーソナル・ショッパー

2017年5月12日公開,105分
  • 上映館を探す

オリヴィエ・アサイヤス監督が第69回カンヌ国際映画祭で監督賞に輝いた、ミステリアスなドラマ。パリでセレブのための代行買い物人“パーソナルショッパー”として働くヒロインの身に降りかかる不可解な出来事の行方が描かれる。アサイヤス監督の前作『アクトレス〜女たちの舞台〜』にも出演したクリステン・スチュワートがヒロインを演じる。

予告編・関連動画

パーソナル・ショッパー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パリで忙しいセレブの代わりに服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”として働くモウリーン。数か月前に双子の兄を亡くすも、なんとか前を向いて歩き出そうとしていたある日、携帯電話に奇妙なメッセージが届き始め、不安をかられるように。そして、奇妙な殺人事件に巻き込まれていく。

作品データ

原題
PERSONAL SHOPPER
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
フランス
配給
東北新社=STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
105分

[c]2016 CG Cinema - VORTEX SUTRA - DETAILFILM - SIRENA FILM - ARTE France CINEMA - ARTE Deutschland / WDR [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.9
  • 絶対色気値

    4
    2017/9/28

    セレブの代わりに洋服の買い物をするバイト嬢が、欲を出したことで事件に巻き込まれていくというハリウッド的なストーリーかと思ったら違った。
    大筋は変わらないが、主人公は霊能者でもあり、スピリチュアルな色彩のほうが強い。巻き込まれる事件の犯人が死んだ兄の亡霊かと思わせたりして、映画として手の込んだ組み立て方をしていて刺激的。
    監督が「挑戦的な作品」という通り。カンヌで監督賞を受賞した、ハリウッド的ではないフランス映画。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • たっかん

    4
    2017/6/17

    2017年6月17日、角川シネマ新宿にて鑑賞。

    クリステン・スチュワート主演、オリヴィエ・アサイヤス監督によるまぁまぁ面白い映画ではあったが謎が残り過ぎの感あり。

    モウリーン(クリステン・スチュワート)は、この映画のタイトルどおり「個人の買い物代理人」をしている。高価な服・ネックレスなどをバイクで買いに行く。場所はパリ。

    モウリーンには双子の兄ルイスがいたが、死んでしまった。
    そんな折、「死後の世界はあるの?」とモウリーンが言っているそばから、風呂の蛇口から水が出たり、部屋の空中に「霊」が浮かぶ。なんかSFかオカルト的。

    途中から、謎のLINEがモウリーンにつきまとう。この相手は誰?
    ただ、このLINEの画面が映されるので、文字が読めるのだが、他人のLINEなど見ることが無く、ましてや英語でのやりとりなどは初めて見た。
    そこで面白かったのは「Are you ~~~?」との記載は「R U ~~~?」と打ち込んでおり、「なるほど!」と思ったりした。勉強になる(笑)

    モウリーンの雇い主の女性キーラが殺されて、パニくるモウリーン。
    そして、モウリーンの周辺を「霊」がボンヤリと映ったりして、ガラスのコップを落としたりするのだが……
    …といった感じで物語が、進んでいくが、観終わって、なんかモヤッとした印象。

    だけど、この作品でオリヴィエ・アサイヤスはカンヌ監督賞を確か獲ったはず。
    凄い作品なのかも知れない。

    なお、全然知らなかったし、期待もしていなかったのだが、クリステン・スチュワートのトップレス場面が突然出てきたのは嬉しいかも…(笑)

    <映倫No.47192>

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    3
    2017/6/12

    タイトルからして彼女の仕事が何かヒントを与えるのかと思わせぶり
    な期待を見事に裏切り、深層心理を描きながら解答は各自考えてねと
    いう終わり方。なんて不親切な!と思う人、いや面白かったと思う人、
    それぞれに分かれそうなところが興味深い作品。自身は後者のほうで
    見知らぬ相手との交信(霊でありメールであり)の気味の悪さが十分
    に感じられた。肝心の彼氏ですら遠い彼方でスカイプ交信。兄の急逝
    から立ち直れない双子の妹が何らかのメッセージを求めてしまうのも
    無理はない。神経質ながら勝手にクライアントの服飾品を身に着けて
    自慰行為に耽る主人公のアンバランスな欲望を見事に演じてしまった
    クリステンの魅力が満載。フランス人女優かと思うくらい大胆で潔い。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告