結婚|MOVIE WALKER PRESS
MENU

結婚

2017年6月24日公開,118分
  • 上映館を探す

結婚詐欺師と騙された女たちの業を描写した直木賞作家・井上荒野の長編小説を、国内外で広く活動するディーン・フジオカ主演で映画化。偶然知り合った結婚詐欺師・古海の被害者たちは、彼の行方を探すことに。女を騙さなければ生きられない彼の秘密とは……。ディーン・フジオカは女たちを翻弄する結婚詐欺師・古海健児を演じるほか、DEAN FUJIOKA名義で主題歌も担当。監督は、「渋谷」などの映画作品のほか、ディーン・フジオカが出演したNHK連続テレビ小説『あさが来た』の演出を手がけた西谷真一。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

結婚詐欺師の古海健児(ディーン・フジオカ)は、その端正な顔立ちと知的な話術、匂い立つ色気で女性たちを虜にしてきた。ある日、彼に騙された女性たちが偶然つながり、古海の行方を探し始める。古海には、彼女たちの想像も願望も超える、秘められた理由があった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
118分

[c]2017「結婚」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.9
  • 2
    2018/6/25

    映画全体のレトロな世界観、化粧、衣装などが素敵。ディーン・フジオカが結婚詐欺師という役ははまり役ですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    2
    2017/7/16

    原作は未読だが、このありふれた話のどこにオチがくるのかと
    思っていたらほぼ中盤でそれはきた。最初からミスリードされ
    ていたその人物がアレ?と思う場面が映って、大体が判明する。
    あぁここだったかと、その後の成り行きもそのせいなのか…と、
    納得するが何ともいえない演出が続いて…そもそもこの物語の
    設定はいつなのよ?バブル期?今時あんな格好で外を歩くOL
    見たことないぞと思うし、毎日がパーティですか?のドレスも
    ふんだんに出てきてかなり風変りだ。女優勢は皆さん化粧濃い
    しすんごい形相で(特に萬田久子)出てくる。ある意味ホラー色
    漂う厚化粧の祭典、ディーンと絡む女性陣のウットリした顔は
    コメディなのだが。安藤玉恵などもう触りたくて仕方ない様子
    が彼女らしくて大笑い。これは内外でディーン祭りなんだなと。
    そこへ異彩を放つのが妻役の貫地谷しほりで、彼女がキーパー
    ソンになるのだが、それから一気に悲哀を帯びた展開になって
    いく。いやしかしこの男に騙されますかねぇ?単純すぎない?

    (どうでもいいけど柊子が喧しい。耳障りな喋り方が煩くて~)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告