映画-Movie Walker > 作品を探す > ぼくと魔法の言葉たち

予告編動画を見る ぼくと魔法の言葉たちの画像

自閉症により言葉を失った少年が、ディズニーアニメを通じて徐々に会話を取り戻していく姿を追ったドキュメンタリー。2歳の時に言葉が出なくなったオーウェン。数年後、父ロンは彼が口にする意味不明の言葉が「リトル・マーメイド」のセリフであることに気付く。監督は『Music by Prudence(2010)』でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したロジャー・ロス・ウィリアムズ。本作でも第89回(2017年)アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされた。劇中にはディズニー社から異例の使用許諾を受け、「白雪姫」や「ダンボ」「美女と野獣」「ヘラクレス」などディズニーアニメの名作たちが数多く登場。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 7
レビュー 5
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (6)
星3つ 16% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

サスカインド家の次男オーウェンは、2歳で言葉を失い、6歳まで誰ともコミュニケーションを取れなくなってしまっていた。彼は自閉症と診断され、家族は失意に暮れる。ある日、父のロンはオーウェンが発する意味をなさないモゴモゴとした言葉が、オーウェンが毎日擦り切れるほど観ていたディズニーアニメ「リトル・マーメイド」に登場するセリフであることに気付く。意を決した父は、オーウェンが大好きなディズニー・キャラクターであるオウムの“イアーゴ”になりきり、身を隠して語りかけるとまるで魔法のようにオーウェンが言葉を返す。数年ぶりの息子の言葉にこみ上げる涙をこらえながら、イアーゴとしての会話を続ける父。こうして、父と母、そして兄によるディズニーアニメを通じた“オーウェンを取り戻す”ための作戦が始まった……。

見たい映画に
登録した人
11

作品データ

原題 LIFE, ANIMATED
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 トランスフォーマー
上映時間 91
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

笑顔に癒されて

投稿者:ねもねも

(投稿日:2017/04/11)

彼、オーウェンのくったくのない笑顔のポスターに引き寄せられ劇…

[続きを読む]

支持者:0人

ディズニー・アニメーションが起こした奇跡!

投稿者:杉ちゃん

(投稿日:2017/04/09)

 自閉症をテーマにしたドキュメンタリー映画は昔から定期的に作…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ぼくと魔法の言葉たち

ムービーウォーカー 上へ戻る