映画-Movie Walker > 作品を探す > ラオス 竜の奇跡

予告編を見る
ラオス 竜の奇跡の画像

日本とラオスの国交60周年を記念して製作された初の合作映画。家を飛び出し、都会で暮らしていたノイはある日、1960年のラオスに迷い込む。そこで出会ったのは、ダム建設調査に来ていた日本人の川井。のどかな農村で、2人は暮らし始めるが……。メガホンを取ったのは、「天国からのエール」の熊澤誓人。主演は共に映画初出演となる井上雄太ティダー・シティサイ

4/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1960年、東京オリンピック開催を間近に控えた日本。終戦から15年が経過。誰もが上を向き、開発の熱気に充ち溢れた時代だった。そんな日本を飛び出し、ダム建設調査のため、ラオスに渡った日本人がいた。将来の成功を夢見たその青年の名は、川井(井上雄太)。しかし、川井は調査中の事故で消息を絶つ。当時、内戦中だったラオスの首都ビエンチャンでは戦闘が勃発。政府による捜索も打ち切られてしまう……。一方、急激な都市開発が進む2015年のラオス。家族とのすれ違いから故郷を飛び出したラオス人女性ノイ(ティダー・シティサイ)は、慣れない都会暮らしに埋もれていた。そんなある日、友人からのナムグム湖観光の誘いをきっかけに、1960年のラオスに迷い込んでしまう。ゆるやかな川のほとりで出会うノイと川井。辺鄙な農村で、呑気な村人たちとの共同生活が始まるが……。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本=ラオス
配給 アークエンタテインメント
上映時間 112
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 熊澤誓人
プロデューサー 森卓
脚本 熊澤誓人守口悠介
撮影 金子正人
音楽 栗コーダーカルテット
美術 Surawat CHUPOL
編集 小堀由起子
録音 志満順一
ヘアメイク Phonenapha OUDOMSOUK
助監督 Anysay KEOLA
照明 Florent DUROC
装飾 Xaysamone CHUNTHADUANG
衣装 富田紘子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ラオス 竜の奇跡