映画-Movie Walker > 作品を探す > 散歩する侵略者 > レビュー

投稿レビュー(4件)散歩する侵略者は星3つ

「散歩する侵略者」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

金魚だったとは。 (投稿日:10/25)

ゆらゆら泳ぐ冒頭の金魚から一転、民家で惨劇が起こり、
血まみれの少女がトラックの前をフラフラと散歩する…。
何だこれ?怖い~!と思いながら観ていくと冷えた夫婦
を軸にシュールで異様な日常が描かれていく。特に説明
もなく次々と侵略が進んで人々は概念を奪われるのだが、
夫婦の絆だけはどんどん満たされていくという超不思議。
宇宙人になった夫の言葉を丸ごと受け入れることからも
この妻は今もどれほど夫を愛しているかが分かり切ない。
黒沢監督お得意のホラーにちぐはぐな印象を持たせつつ、
渇いた笑いのままどうなるんだよこの先?と思わせるが
ラストはあまりにも予定調和。溢れんばかりの愛は地球
を救う(あのフレーズかしら)という強調は確かに感動的
だが、既にこうなるのを予期していた長谷川博己演じる
桜井が人々に「考えろ!」と必死に訴えていたのが印象的。»ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

夫婦愛とハセヒロの愛が泣ける (投稿日:9/20)

▼ネタばれ(クリックして読む)

興味深い作品が同時に3作品公開されたその週末、私が真っ先に選んだのが「散歩する侵略者」だった。観終わって、その前週に観た「新感染ファイナルエクスプレス」と共に、今年中盤のベスト1,2を争う作品だと確信。実は今日9/20、2回目の鑑賞だったが、感動は変わらず。
ストーリー、キャスト、映像の美しさ、全てが完璧で、リアリティのない話なのに、完全にその世界観にハマってしまう。
長澤まさみさんの夫に対する想いが徐々に変わっていく様が実に素晴らしく、松田龍平さんも、妻への想いは一貫して変わらず、クライマックスの長澤さんの選択には誰もが泣けると思う。
一方、単なるジャーナリストだったハセヒロさんは、いつしか宇宙人の若者の心に寄り添っていく、その飄々としてかつ大胆な演技は流石の一言だった。
黒沢監督のクリーピーでは、何かモヤモヤが残ったが、この作品はモヤモヤが残らない。
結末は悲しい部分があるけれど、希望や不思議な満足感に包まれる傑作。»ガイドライン違反報告

投稿:くまこ

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

夫婦再構築のラブストーリーにも見えた (投稿日:9/18)

何とも言えない映画でした。
どう伝えたらいいんだろう。
SF映画ですが、ボクには、夫が妻への愛情を再構築して行くラブストーリーにも見えました。
とにかく、長澤まさみさんは上手かった。
一般的な人々の反応を演じてたし、一々怒るところもイイ感じでした。すごく上手です。
だからこそラストシーンは悲しく映ります。
»ガイドライン違反報告

投稿:おさおさ

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

一緒に生きたい…やがて世界が終わっても。 (投稿日:8/30)

1年ぶりに、お会いする黒沢清監督。
またモヤモヤする難解な作品を世に送り出してくれた。

「クリーピー」は難解で3回鑑賞。
今作は黒沢監督作品だけれど、
劇団イキウメ劇作家・前川知大さんの原作。
しかも、人気舞台の映画化ということで初回から作品を楽しむことができた。
不思議な近未来を描き出している作風が「太陽」を想起させる。
私は前川作品が好きなのだなぁ…と
映画に惹きこまれた129分間。

地球への侵略者・宇宙人役…
松田龍平さん。高杉真宙さん。垣松祐里さん。
3人の表情や佇まい。突飛な言動。
その宇宙人らしさがいい。
夫・真冶=松田さんの言動が不思議で笑えるシーンもある。
特殊能力を持つ宇宙から来た侵略者。
人類にとって脅威のはずなのに、思わず3人に肩入れしてしまう自分がいた。
私は何故、次第に侵略者を応援しているのだろう?
高杉くんの演技や垣松さんの初アクションも見事。

侵略者のガイド・人間役…
妻・鳴海=長澤まさみさん。
ジャーナリスト・桜井=長谷川博己さん。
侵略者に協力させられながら、振り回される姿にハラハラする。
やがて宇宙人と育てる絆に情や人間らしさを感じる。
桜井・ハセヒロの戦闘シーン。
マシンガン、空からの爆撃が大迫力。

その他、品川・笹本さん率いる謎の集団が不気味に迫る。
響くヘリ音が不安を掻き立てる。

松田さんと長澤さんは初共演で夫婦役…
前半ずっと怒っている妻・鳴海。
感情の波がこちらまで伝わるかのよう…
激変する夫・真治の行動に戸惑い、イラつきながらも夫を見捨てない姿がかっこいい。
最後まで愛を貫く鳴海が魅力的だ。
宇宙人と人間の夫婦に感動してしまって、
胸が苦しくなる。

そして、助演の豪華さも見どころ。
鳴海の妹…前田敦子さん。
近所の青年…満島真之介さん。
鳴海の上司…光石研さん。
刑事…児嶋一哉さん。
その他、東出昌大さんと小泉今日子さんが重要なシーンで登場。

人類を研究する宇宙人が、侵略を成功させるために人間から奪ったものとは…
宇宙人が人間から〝あるもの〟を奪うシーンを観ながら…
地球を守るために人類にとって大切なものは何か?
人類にとって、なくてはならないものとは何か?
…色々と考えさせられた。

公開まで、あと少し。
公開初日にまた鑑賞したい。
難解だけど、味わい深い魅力がある作品。

一緒に観た人と語り合いたくなる映画だった。
»ガイドライン違反報告

投稿:あらりん

評価:5
星評価

2人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 散歩する侵略者 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る