映画-Movie Walker > 作品を探す > スプリング、ハズ、カム

スプリング、ハズ、カムの画像

噺家の柳家喬太郎とE-girlsの石井杏奈が父子を演じ、第28回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されたヒューマンドラマ。大学進学のため広島から上京して一人暮らしをすることになった璃子は、シングルファーザーの肇と部屋を探しに歩く。監督・脚本・編集は、「あかぼし」の吉野竜平

3/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

璃子(石井杏奈)は東京の大学に通うため、広島から上京して一人暮らしをすることになった。二月のある日、部屋を探すためシングルファーザーの肇(柳家喬太郎)と二人で東京を巡り、そこで出会う人々とのふれあいが二人の心にかけがえのない記憶を焼き付けていく。璃子はぶっきらぼうだが人情味あふれる父の愛を知り、また、亡き母が愛した一人の男性として父を見直す。一方、肇は少女から大人の女性へと成長する娘との別れを覚悟するのだった。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 エレファントハウス
上映時間 102
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 吉野竜平
プロデューサー 小泉朋南陽飯田雅裕
脚本 吉野竜平本田誠人
音楽 加藤久貴
主題歌 東京カランコロン
美術 鈴木健介村上薫
編集 吉野竜平
録音 吉方淳二
ヘアメイク 菅原美和子
助監督 石井千晴
照明 稲葉俊充
撮影監督 清水絵里加
衣装 村島恵子

関連ニュース

チケット入手困難な人気落語家・柳家喬太郎、映画初主演の理由とは?
チケット入手困難な人気落語家・柳家喬太郎、映画初主演の理由とは?(2016年12月27日 20:35)

“いま最もチケットを取るのが難しい落語家”と言われている落語会の鬼才、柳家喬太郎。年末恒例の「手帳は高橋」のCMに春風亭昇太と共に起用されたりと注目を集めている…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > スプリング、ハズ、カム