ユリゴコロ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ユリゴコロ

2017年9月23日公開,128分
PG12
  • 上映館を探す

ミステリーを得意とする沼田まほかるのベストセラー小説を映画化。ある日、余命わずかな父親の書斎で殺人者による手記を発見した青年が、恐ろしき事件の真相に迫っていく姿を描く。殺人者であるヒロインの美紗子を吉高由里子、発見者である青年を松坂桃李が演じる。監督はラブストーリーからホラーまで幅広いジャンルの作品を手がける熊澤尚人。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カフェを営む亮介の日常はある日突然、崩れ去ってしまう。父親が余命わずかと診断され、婚約者は姿を消してしまったのだ。それらを受け止めきれないなか、亮介は実家の押し入れで“ユリゴコロ”と書かれたノートを発見する。そこには人を殺めることでしか自分の生きる世界と繋がることができない女性の衝撃的な告白がつづられていた。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
日本
配給
東映=日活
上映時間
128分

[c]沼田まほかる/双葉社 [c]2017「ユリゴコロ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • パライバ

    2
    2019/3/12

    RG12指定だけのことがあり、スクリーンをまともには見たくないシーンが幾つもある。小説で読むならアリだけれど映像で見るのは個人的には苦手な作品。

    見ながら感じたのは、この映画の主演者は松坂桃李じゃないかってこと。
    助演の松山ケンイチもいい。
    年代に分けて何人もが美紗子を演じるが、吉高由里子の美紗子の印象が薄く感じられる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ひゃん

    4
    2017/12/7

    これもタイトルで「?」となった作品だったが、すぐに冒頭で
    ユリゴコロがよりどころのことだと分かる。吉高由里子の的確
    な演技で前半の過去が苦しみと共に描かれるが、同時に愛に満
    ちた展開にもなる。松ケンのような男と出逢えば自分の過去を
    清算したくなるのは当然。哀しい男女の行く着く果てが現在に
    繋がってから、松坂桃李と父親の関係や婚約者の行方が加わり
    そこから随分唐突な展開になるのが惜しい。殺人行を厭わない
    主人公に肩入れはできないが、その一つ一つの意味、守る対象
    の変化を彼女の成長だと受け止めてしまう自分がいた。息子が
    そう感じたように、どんなに離れていても血の絆は永遠なのだ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • もっちゃん

    3
    2017/11/18

    題名になっている「ユリゴコロ」とは
    どういう意味なのかなと思いながら観ていて
    あ~そういう意味だったのねぇと
    ひとり納得して観ていた映画だった。
    最後はどうやっておんなひとりで
    やくざの男どもを皆殺しにしたんだろうと
    思った(笑)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告