TOP > 上映中の映画作品を探す > 暗黒街の特使

禁酒法時代、密造ウィスキーをめぐって展開されるギャング映画。製作はマーティン・ランソホフ、監督は「ホテル」のリチャード・クワインエルモア・レナードの同名小説を作者自身が脚色。撮影は「キャメロット」のリチャード・H・クライン、音楽は「おかしな二人」のニール・ヘフティ、美術はジョージ・W・デイヴィスとエドワード・C・カーファグノ、衣装はジェームズ・テイラーエルバ・マーティーン、編集はアラン・ジェイコブスがそれぞれ担当。出演は「北極の基地・潜航大作戦」のパトリック・マクグーハン、「ガンファイターの最後」のリチャード・ウィドマークアラン・アルダ、歌手のリー・ヘイズルウッドジョー・ウィリアムズ、「華麗なる週末」のウィル・ギア、「マンハッタン無宿」のメロディ・ジョンソン、新人のスーザン・ゼナーリチャード・ピーボディなど。メトロカラー・パナビジョン。1970年作品。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

徴税人のフランク(パトリック・マクグーハン)は、大統領が禁酒法をやめると約束した今、サン(アラン・アルダ)の密造ウィスキーの分け前にあずかろうと、ケンタッキーの山地へやって来た。愛人リザン(メロディ・ジョンソン)のホテルから電話で、歯医者で酒密造人のトールビー(リチャード・ウィドマーク)、トールビーの愛人ミリー(スーザン・ゼナー)、ガンマンのデュアル(リー・ヘイズルウッド)を呼びよせ、サンを訪問。彼の雇人のアーロン(ジョー・ウィリアムズ)らに酒の隠し場所を聞き出そうとしたが、サンにショット・ガンで追いかえされてしまう。そこでトールビーは土地の男キャスウェル(リチャード・ピーボディ)を抱き込み、その上、ギャングの一団を呼びよせ密造所を次々と襲う。その後、トールビーは口をふさぐため、キャスウェルとその場にいた保安官たちを殺す。いまや殺人まで犯したトールビー一派からフランクは手を引き、リザンの懇願で、サンの応援をすることになった。その彼に、退屈していたミリーも同行。ギャング一味はサンの家を取り巻いていたが、フランクとミリーは危うく家に駆け込み、サンやアーロンと合流することが出来た。やがてトールビーが集落の住人を人質にしたので、フランクもミリーを人質に仕立てたところ、デュアルは情容赦なく彼女を射殺。ここに至って、サンはフランクに納屋の地下にあるウィスキーの分配を約束し、トールビーに、ウィスキーは墓地に埋めてあると告げる。彼らはさっそく墓地を掘り起こし、ウィスキー樽の見える大きな穴の中に入っていこうとした。その時、サンの合図でフランクが電気のスイッチを引っ張ると、墓地は大爆発を起こし、トールビーをはじめギャング一味はことごとく吹き飛んだ。(MGM配給*1時間40分)

作品データ

原題 The Moonshine War
製作年 1970年
製作国 アメリカ
配給 MGM
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 暗黒街の特使