映画-Movie Walker > 作品を探す > 光(大森立嗣監督)

予告編動画を見る 光(大森立嗣監督)の画像

本屋大賞を受賞した「舟を編む」などで知られる三浦しをんの同名作を、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督が映画化した人間ドラマ。平穏な日常を過ごす男女の前に、25年前に離島で起きた悲惨な事件を知る男が現れ、運命を狂わせていくさまがつづられる。事件の加害者である中学生のその後を井浦新、彼を脅す幼なじみを瑛太が演じる。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京の離島、美浜島。記録的な暑さが続くなか、中学生の信之は閉塞感を抱きながら日々を過ごしている。だが、同級生の恋人・美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。一方、信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けているが、誰もが見て見ぬふりをしていた。そんなある夜、美花と待ち合わせをした場所で、信之は美花が男に犯されている姿を目撃。美花を救うため、信之は男を殺してしまう。次の日、理不尽で容赦ない自然の圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てが消滅。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった……。それから25年。島を出てバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる。妻(橋本マナミ)と一人娘とともに暮らしている信之(井浦新)の前に輔(瑛太)が現れ、過去の事件の真相を仄めかす。封じ込めていた過去の真相が明らかになっていくなか、信之は、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花(長谷川京子)を守ろうとするのだが……。

見たい映画に
登録した人
12

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 ファントム・フィルム
上映時間 137
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大森立嗣
製作 近藤貴彦
プロデューサー 近藤貴彦
原作 三浦しをん
企画 近藤貴彦
撮影 槙憲治
音楽 ジェフ・ミルズ
美術 黒川通利
編集 早野亮
録音 吉田憲義
スチール 三木匡宏
音響効果 伊藤進一
エグゼクティブプロデューサー 小西啓介
助監督 小南敏也
照明 野村直樹
装飾 大原清孝
タイトルデザイン 赤松陽構造
衣装 纐纈春樹
メイク 寺沢ルミ
制作担当 飯塚香織
メイキング 三木匡宏

関連ニュース

井浦新から瑛太への愛が炸裂!「愛してやまない人」
井浦新から瑛太への愛が炸裂!「愛してやまない人」(2017年11月9日)

三浦しをんの小説を、井浦新主演で映画化した『光』(11月25日公開)のプレミア試写会が、11月9日にユナイテッドシネマ豊洲で開催。井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 光(大森立嗣監督)

ムービーウォーカー 上へ戻る