あゝ、荒野 前篇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あゝ、荒野 前篇

2017年10月7日公開,157分
R15+
  • 上映館を探す

寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの前編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。主演は菅田将暉と、映画監督としても活躍するヤン・イクチュン。監督は長編デビュー作『二重生活』で第14回ウラジオストク国際映画祭最優秀監督賞に輝いた岸善幸。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

かつて母に捨てられた新次(菅田将暉)は、兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなある日、彼らは仲間の裕二(山田裕貴)らの襲撃を受ける。そして、2021年の新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は、劉輝を半身不随にした裕二への復讐を誓っていた。一方、“バリカン”こと健二(ヤン・イクチュン)は、吃音と赤面対人恐怖症に悩む男。新宿でいつも通り床屋のティッシュ配りをしていた健二は、ひょんなことから新次と共に“片目”こと堀口(ユースケ・サンタマリア)によってボクシングジムに誘われる。言われるままにジムを訪れた2人は、それぞれの想いを胸にトレーニングを開始する……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2017年
製作国
日本
配給
スターサンズ
上映時間
157分

[c]2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.4
  • あちゃぺ

    4
    2019/2/8

    人の数だけ、人生がある。
    それを痛感させられる前編。
    チンピラからボクサーになった者…
    父親のDVで吃音になりボクサーで人生の再起を図る者…
    東北地震の被災者で仮設住宅から上京した者…
    その娘を追って上京した者…
    自衛隊除隊後に息子にも見捨てられた者…
    自殺した友達を思い自殺防止を訴える者…
    多くの人生がぶつかり合い
    時には共有し合い
    時には反発し合い
    人の人生には「普通」なんてないことを思う。
    だから「普通」が尊ばれるんだ。
    人は、それぞれの「普通」を目指して生きている。
    不安定な状態をいかに安定させるかに注力する。
    でも、なかなか手に入れらない「普通」
    人生って、本当に難しい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • yae

    5
    2018/1/13

    ずっと見たかった映画だったのですが、残念ながら見れませんでした。しかし、映画の賞を取ったということで再上演。

    満を持して、前後編見てきました。

    みんな不器用です。ひとりひとり悩みがあって、でもそれは他者と共有できない。
    暴力と孤独と自分を認めてもらいたいという承認要求、捨てきれない希望。

    やるせない面白さに満ちた映画だなと思いました。
    見てよかったです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告