LOGAN/ローガン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

LOGAN/ローガン

2017年6月1日公開,138分
R15+
  • 上映館を探す

ウルヴァリンの名で知られる『X-MEN』のメンバー、ローガンの生きざまを描く、ヒュー・ジャックマン主演のSFアクション。治癒能力を失い、生身の人間になったローガンが、絶滅の危機にあるミュータントの唯一の希望となる少女を守るため、強大な敵に戦いを挑んでいく。『ウルヴァリン:SAMURAI』のジェームズ・マンゴールドが監督を務める。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ミュータントの大半が死滅した2029年。かつてはX-MENの一員として戦ったローガンも超人的な治癒能力は衰え、生きる目的さえ失い、エグゼビアらと廃工場でひっそりと暮らしていた。ところがある日、謎めいた少女ローラをノースダコタまで送り届けるという頼みを引き受けてしまった事で、彼女を追う武装集団との戦いに巻き込まれていく。

作品データ

原題
LOGAN
映倫区分
R15+
製作年
2017年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
138分

[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.8
  • づーめ

    4
    2018/10/21

    今までのシリーズと違い、全体的に暗いし物悲しいしアクション少なめだし老人と子供抱えた逃避行だし・・・ だがそれがいい。「ウルヴァリン」ヒュー・ジャックマンのストーリーを締めくくるに相応しい内容だった。
    「プロフェッサー」パトリック・スチュワートも老いさらばえ、2人ともボロボロだし。本当に長年演じてもらってお疲れ様でしたと言いたい。
    劇中での往年の名作西部劇「シェーン」の引用や素晴らしい子役の演技等、どれもが上手く噛み合った作品だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 矢口渡

    2
    2018/1/13

    老いて消えゆく運命のミュータントのお話。もちろん希望という明かりを灯しながら。ローガン3部作と言われているが、どうしてもこの映画が必要だったのかはよくわからない。だが、常に悲しみと共に生きてきたローガンのお話に、ケジメをつける意味があったのかなあ。
    途中の家族との交流がとても、素敵であり悲しみを増す。ただ一方で首が飛んだり身体が切断されたりのシーン。もう少し表現抑えた方がいいのでは?。
    未来の子供のために、大人がすべき事を、考えていかねばならない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • パゾリーニ・ヤス

    5
    2017/7/13

    ここ最近のシリーズ作品の軽々しさを払拭した
    久しぶりの重厚な作品となったのではないか。
    それぞれの人物像を上手く描かれていると思う。
    劇場で観る作品はこうでなくては、、!。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告