映画-Movie Walker > 作品を探す > ディンガカ

ジャミー・ユイスが脚本・監督・製作を担当した、アフリカを舞台に白人の恋と原住民の悲劇を描いたドラマ。共同製作は「昨日・今日・明日」のジョゼフ・E・レヴィン、原作は同名舞台劇、撮影はマニー・ボータジュデックス・C・ヴィルジョエン、音楽はベルタ・エニョスエディ・ドミンゴベイジル・グレイが担当。出演は「ナバロンの要塞」のスタンリー・ベイカー、「カンカン」のジュリエット・プライス、南アフリカ出身のケン・ガムツーほか。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

トム(スタンリー・ベイカー)は南アフリカ、ヨハネスブルグの若き弁護士。野心家で仕事熱心のため家庭顧みず、妻マリオン(ジュリエット・プライス)は不満な毎日を送っていた。ある日、夫婦の生活に大きな変化をもたらす事件が起きる。アフリカに古い伝統を誇る種族の一人ヌツク(ケン・ガムツー)の娘が、闘技試合のチャンピオン、マサバに殺されてしまった。まじない師ガクエバが試合に勝つための秘策として、マサバをそそのかしたらしい。その上ヌツクの妻もショックで急死してしまう。復讐を誓ったヌツクはマサバを追い詰め、首をしめた。ところがマサバはかろうじて一命をとりとめ、ヌツクは殺人未遂で投獄されてしまった。ヨハネスブルグの人権擁護協会に依頼されトムが弁護を引受けることに。ヌツクは二年間の重労働の判決を受けるが、そぐに脱獄してしまった。ヌツクを追って原住民の村に行くトム。そこではまじない師ガクエバが人々をあやつっていた。トムはガクエバの正体を暴こうと動きだす。そしてヌツクの娘を殺したのはマサバではなく、ガクエバであったことを突き止める。村で雨祭が行われた時、ヌツクはガクエバを殺す。村人は支配から解放され、トムはヌツクを連れて村を後にした。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Dingaka
製作年 1965年
製作国 アメリカ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ディンガカ