TOP > 上映中の映画作品を探す > ゲキ×シネ「乱鶯」

ゲキ×シネ「乱鶯」の画像

劇団☆新感線の舞台をスクリーンで見せる『ゲキ×シネ』シリーズ第14弾。江戸時代を舞台に、かつては盗賊の頭で居酒屋の板前として働く十三郎を中心とした人情物語を描く本格的な時代劇。古田新太が盗賊の頭だった鶯の十三郎を演じ、稲森いずみ大東駿介清水くるみらが客演として出演する。

2/5
総評価数 4
レビュー 2
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
5

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

鶯の十三郎は盗賊の頭ながら、人を殺めず、盗られて困る者からは決して盗まない事で知られていた。ある日、北町奉行所の与力の差し金で、子分に裏切られた挙句、一味は皆殺し、十三郎も瀕死の傷を負うが、幕府目付の貞右衛門と居酒屋鶴田屋を営む夫婦に助けられる。それから7年、十三郎は盗賊を追う貞右衛門の息子、勝之助と出会う。

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 ヴィレッヂ(配給協力:ティ・ジョイ)
上映時間 184
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

鶯の十三郎 古田新太
お加代 稲森いずみ
小橋勝之助 大東駿介
おりつ 清水くるみ
火縄の砂吉 橋本じゅん
お幸 高田聖子
勘助 粟根まこと
小橋貞右衛門 山本亨
黒部源四郎 大谷亮介

レビュー

凄みと迫力

投稿者:パライバ

(投稿日:2017/5/4)

今どき3時間超えの映画って滅多にない。舞台の好きなお客さんっ…

[続きを読む]

支持者:0人

ゲキ×シネの魅力

投稿者:

(投稿日:2016/10/31)

古田新太さんの十三郎もですけど、高田聖子さんの呉服屋丹下屋さ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ゲキ×シネ「乱鶯」