映画-Movie Walker > 作品を探す > 君の膵臓をたべたい > レビュー

投稿レビュー(17件)君の膵臓をたべたいは星4つ

「君の膵臓をたべたい」に投稿されたレビューを
ユーザーが投稿した5段階評価を基準に、「良い」(星3つ以上)と「残念」(星2つ以下)に分けて表示しています。

大人には出来ない純愛 (投稿日:10/2)

クラスの人気者の桜良が重い膵臓の病気を患っていることを知ってしまった僕。
その日から、彼女に振り回されっぱなしの僕だったが、二人で過ごした貴重な時間の持つ意味に気づくことになる。
もっと時間があれば、幸せな恋人になったかもしれないものを、距離を置いて接することしかできない二人のぎこちないけどこれ以上ない愛の表現に心を打たれる。大人じゃないからできる純愛物語。»ガイドライン違反報告

投稿:ローズ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

キミスイに恋をした (投稿日:9/12)

▼ネタばれ(クリックして読む)


公開から1カ月以上が経ちましたが、未だにたくさんの人に
観られていることにすごいなあと思います。

9月5日に鑑賞してきました。

原作は住野よるのベストセラー小説が実写映画化されました。

高校の同級生、山内桜良がひそかに綴る闘病日記を
偶然見つけたことで

彼女が膵臓の病気で余命わずかなことを知り 
彼女の死ぬまでにしたいことに付き合い始めることになる。

現代の僕が回想する形でストーリーは進んでいきます。

桜良は、ほんとに死んじゃうの?

疑いたくなるほど、あまりにも快活で朗らかなんです。
なぜそんなに明るく振る舞えるのか、不思議なくらい。

誰しも少しくらい落ち込むこともあるものなんですが、
桜良にはそれが全くない。

周囲にそんな一寸の素振りも見せず生を全うしようとします。

笑顔を絶やさず 健常者の私たちだって嫌なことがあれば
顔に出たりするのに、強いなあと・・・

綴り続ける共病文庫は本音を吐き出す唯一の場所
だったのかもしれません。

クラスいち、ネクラの僕の心を開かせたのだから

初めは振り回され戸惑っていた僕でしたが
桜良の存在は大きかったといえます。

最後は膵臓の病ではなく通り魔事件によって命を落とします。

今回は通り魔でしたが
私たちも 事件に巻き込まれたり交通事故であったり
あっという間に亡くなってしまうかもしれません。

こうして今、映画を見ている私たちだって
明日の我が身なんてわからないものです。

この映画は私たちにたくさんのことを教えてくれました。

病に侵され自分のことで精一杯のはずなのに
友達を思う心の優しさに泣けました。

原作にはなかった部分も今作には新たに付け加えられて
いましたね。
それが12年後の僕が描かれるところ。

死期が近いことを察したかのように周囲に言い残したり、
書き残したりしています。
なかなかできないことなのに。

12年後、手紙が僕と響子を結びつけるというシーンがまたいい。

12年経った今で桜良のことを大切に思う友が
いるって素敵です。

手紙の隠し場所も本の中というのにもほっこり。

桜良の一言一言のセリフにも胸に突き刺ささる
いい言葉を言っておられます。

聞き漏らさないようにご注意を!
思わずメモしちゃいました。

ほんとに 素敵なラブストーリーを見せていただきました。

ほんと偶然なんてないんですね。
二人は出会うべくして引き合わせてくれたのかなあと。

唯一、共病文庫を読むことを許された僕が
笑顔いっぱいの遺影の横で号泣するシーンにも
めっちゃ感動。

君の膵臓をたべたい・・・

素敵な素敵な愛の告白でした。

演じる浜辺と北村のコンビネーションも軽やかで
それも功を奏していましたし

現代の僕を小栗くんが、現代の恭子を北川景子さんが
演じることで、ストーリーにさらに厚みを
出しているのもよいですね。

最後の最後でタイトルに込められた熱い思いを私たちは
知ることになる。

素晴らしいラブストーリーを見せていただきました。
後半は泣かされっぱなしになりました。

たまにはこんな純愛作品もよいですね。

»ガイドライン違反報告

投稿:えこう

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

涙活にはお勧めです (投稿日:9/11)

終盤はただただ泣いていました。
王道でわかりやすい物語ですが、安直に生死を扱うのではなく、家族・友人・生活・感情を丁寧に描いていて自然と泣ける映画でした。
泣いて落ち込むのではなく、心を揺らされて涙して、最後は前向きになれるというかすっきりとするので涙活にはお勧めです。

主演のお2人が初々しく切なく、とても自然に映像の中に生きているようで、とても素晴らしい俳優さんたちだと思いました。
これからのご活躍がとても楽しみです。

タイトルのとらえ方は幾通りにも考えさせられましたが、どれが正解でもなく、受け手にゆだねる形で終わらせてもらったので余韻を楽しむことができました。
素敵な時間を楽しむことができました。»ガイドライン違反報告

投稿:ひろ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

君の運命を変えたい。 (投稿日:9/8)

▼ネタばれ(クリックして読む)

悪趣味なタイトルに思わず「東京喰種」の副題か?と思わせる
節を感じて慄いたものの、内容は何だと思うくらい普通の物語。
個人的には友達以上親友未満の過去を12年も払拭できずにいる
気持ち悪い大人達(ゴメンね)が描かれている現在の追加は全く
不必要だった気がしてならず、小栗くんがどんなに頑張っても
役に合ってない。非現実的な小旅行など重病患者が親族抜きで
できるわけないだろ!と多くのツッコミをよそに主人公二人が
爽やかに頑張っているので勿体ない。それにしても物語の終盤
主人公の命がまさかああいう形で終わる展開に意表を突かれた。
私なら友達になることよりもそっちがトラウマになってしまう。»ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

人生で初めて、2回見た映画、良かった (投稿日:9/6)

▼ネタばれ(クリックして読む)

全体として、小気味良く流れた。恋愛病気ものとは片付けられない。生きる時間を限られた少女。きっと苦しんだろう。その上澄みの透きとおった時期に青年と出会った。
お互いに正反対の性格、何でもない日常を選んだ。
言葉で好きや苦しいとは言わない。もどかしさもあるが、それが美しい。
浜辺美波の演技と、可愛らしさが光る。
人生の尊さを教えてもらった。
ガムくんは、正直わかった。
小説も良いです。映画を見てから、小説をお薦めします。
映画館ー小説×三回ー映画館と見ました。
また会いに行きたい映画です。
»ガイドライン違反報告

投稿:かみちゃん

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

すごい女 (投稿日:8/31)

すごい女だな浜辺美波。あくまでも役柄だが。彼女の言動に最初から最後まで衝撃を受けた。男は好きだと思う。あどけなくて笑顔が魅力的で可愛いケド、言動がいろんな意味ですごかった。»ガイドライン違反報告

投稿:あゆみ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

居なくなってから・・・ (投稿日:8/24)

▼ネタばれ(クリックして読む)

大事な人大切な人。ちゃんと護らないと明日からもしかしかしたら居なくなるかもしれない。
福岡、博多にプチ旅行いけて良かったね。

福岡の太宰府天満宮は縁切り寺。»ガイドライン違反報告

投稿:ツーサンハント

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

~「私も君も、1日の価値は一緒だよ。」~ (投稿日:8/23)

【賛否両論チェック】
賛:高校生だった主人公と、不治の病でありながらも明るいヒロインとの心温まる純愛と、だからこそ光る命の儚さに、思わず感動させられる。12年後に明らかになる真実もステキ。
否:やや小説チックなセリフの言い回しや、現実味の薄いストーリーには、好き嫌いが分かれそうなところ。

 他人に関心を持てずにいつも独りだった主人公と、そんな彼が出逢った、余命わずかであるにも関わらず、底抜けの明るさを持つヒロイン。
 物語の前半は、2人のどこか不思議で、それでいて思わず微笑んでしまうようなステキな恋物語が、甘酸っぱさ満点で描かれていきます。しかし後半は一転、思いもよらないやりきれなさが押し寄せると同時に、人生の儚さや尊さを改めて痛感させられます。
 そして本作を際立たせているのが、主人公達の“12年後”のもう1つのストーリー。ひょんなことからヒロインの面影に再会した主人公が、最後に気づかされる彼女の“本当の想い”に、観ていて胸が熱くなります。
 気になるラブシーンなんかもほとんどありませんので、デート向けの感動作といえそうです。»ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

こんな風に生きられたら (投稿日:8/20)

▼ネタばれ(クリックして読む)

泣けました。映画は2回観ました。1回目と2回目のあいだに原作の小説を読みました。
ストーリーの展開から、映画と原索のエンディングの違いまで全部知っているのに、やっぱり2回目も泣けました。
映画だけを観ている方は、ぜひ原作の小説を読んでください。原作を読んだだけの方は、ゼヒ映画をご覧ください。それぞれの良さがきっとわかっていただけると思います。
浜辺美波ちゃんの演じる桜良ちゃんが、とにかくカワイイです。北村匠海くんの演じる「仲良しくん」もよかったです。
この二人に今後注目したいです。»ガイドライン違反報告

投稿:ぎゃま

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

小栗じゃなく、東出昌大だろ! (投稿日:8/7)

ないないないない!ありえないっ!あの「ガム君」&「肉まん君」こと、矢本悠馬が大人になって上地雄輔になるなんてことは…ない(笑)!それが、この映画を観た自分の中の最大のオチでした。まぁ、主人公の「僕」てか、ハルキもそうだけど、将来的に小栗旬になることはないかな。個人的には東出昌大の方があっていたと思う。ヒロインの子は可もなく不可もなく、普通な印象。それが良かったのかもしれない。悲劇のヒロインのわりには笑顔が魅力で印象的でした。あの笑顔は儚げな気持ちの裏返しなのかも知れないけど、「僕」には宝物な笑顔になっていたと思う。ヒロインの残した日記や手紙はお約束的な定番だけど、ホロリとしちゃうね。»ガイドライン違反報告

投稿:スナフキン

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 君の膵臓をたべたい > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る