映画-Movie Walker > 作品を探す > 君の膵臓をたべたい(2017)

予告編動画を見る 君の膵臓をたべたい(2017)の画像

“泣ける小説”として人気を博した住野よるのベストセラー小説を映画化。膵臓の病を患う少女と、彼女の言葉を胸に後に教師となる少年の物語がつづられる。浜辺美波と人気バンド、DISH//の北村匠海というフレッシュなキャストに加え、原作にはない12年後の現在を描くパートでは主人公を小栗旬、ヒロインの親友を北川景子が演じる。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 84
レビュー 20
投票 64
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 68% (24)
星4つ 100% (35)
星3つ 60% (21)
星2つ 8% (3)
星1つ 2% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、教え子の栗山(森下大地)と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく……。重い膵臓の病を患う桜良が密かに綴っていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、僕(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすようになった。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々は、やがて終わりを告げる……。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた桜良の親友・恭子(北川景子)もまた、僕と同様に桜良と過ごした日々を思い出していた。そして、ある事をきっかけに、僕と恭子は桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る……。

見たい映画に
登録した人
96

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 115
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 月川翔
製作 市川南
プロデューサー 神戸明
原作 住野よる
脚本 吉田智子
撮影 柳田裕男
音楽 松谷卓
企画・プロデュース 臼井央春名慶
音楽プロデューサー 北原京子
プロダクション統括 佐藤毅
共同製作 村田嘉邦戸塚源久弓矢政法山本浩高橋誠吉川英作細野義朗荒波修林誠清水美成
主題歌 Mr.Children
追加編曲 伊藤ゴロー
美術 五辻圭
編集 穗垣順之助
録音 久野貴司
エグゼクティブプロデューサー 山内章弘上田太地
助監督 二宮孝平
照明 加藤桂史
ラインプロデューサー 阿久根裕行
製作担当 濱崎林太郎

キャスト

山内桜良 浜辺美波
【僕】(学生時代) 北村匠海
恭子 北川景子
【僕】(現在) 小栗旬
恭子(学生時代) 大友花恋
ガム君 矢本悠馬
委員長 桜田通
栗山 森下大地
宮田一晴 上地雄輔

レビュー

原作を先に読みましたが

投稿者:sekimo

(投稿日:2018/09/17)

原作を先に読むと少し違和感はありましたが、原作を読んだ時と同…

[続きを読む]

支持者:0人

感動の一本

投稿者:あちゃぺ

(投稿日:2018/02/03)

「君の膵臓を食べたい」…ショッキングなネーミングの題名ではあ…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

“余命ゼロの少女”永野芽郁ד願いを代行する”北村匠海『君は月夜に光り輝く』特報
“余命ゼロの少女”永野芽郁ד願いを代行する”北村匠海『君は月夜に光り輝く』特報(2018年12月6日 14:34)

新人作家ながら累計発行部数30万部超えの異例のヒットを飛ばした佐野徹夜のデビュー作「君は月夜に光り輝く」の実写映画化が決定。初共演となる永野芽郁・北村匠海をW主…

神木隆之介が浜辺美波&中村倫也の“ワトソン”に? 衝撃ミステリ『屍人荘の殺人』が映画化
神木隆之介が浜辺美波&中村倫也の“ワトソン”に? 衝撃ミステリ『屍人荘の殺人』が映画化(2018年12月6日 05:00)

独創的なトリックが有栖川有栖、綾辻行人ほか人気作家から絶賛され、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「本格ミステリ・ベスト10」「第18…

“キミスイ”の次は“君月”!永野芽郁×北村匠海で『君は月夜に光り輝く』映画化
“キミスイ”の次は“君月”!永野芽郁×北村匠海で『君は月夜に光り輝く』映画化(2018年10月15日 14:30)

第23回電撃小説大賞で大賞を受賞し、累計発行部数30万部を突破した佐野徹夜の「君は月夜に光り輝く」が、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の永野芽郁と『君の膵臓…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 君の膵臓をたべたい(2017)