映画-Movie Walker > 作品を探す > 劇場版 黒子のバスケ LAST GAME

劇場版 黒子のバスケ LAST GAMEの画像

影の薄さから、相手に気づかれないようにパスを回す事ができる少年・黒子テツヤと、個性豊かな仲間たちの活躍を描く、週刊少年ジャンプに連載された藤巻忠俊による人気コミックの番外編を映画化。黒子や火神らを中心に結成された最強ドリームチームが、アメリカから来日したストリートバスケットボールチームを迎え撃つ!

4/5
[?]評価方法について
総評価数 4
レビュー 1
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (1)
星4つ 100% (2)
星3つ 50% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

黒子テツヤ(声:小野賢章)と火神大我(声:小野友樹)は、誠凛高校バスケ部に入部。影の薄さを利用して強豪・帝光中学でキセキの世代と呼ばれる5人ともに幻の6人目(シックスマン)として戦った黒子と、驚異的な跳躍力を持ち天賦の才に恵まれた火神は、互いの持ち味を活かし影と光の名コンビとして活躍。ウインターカップに出場し、キセキの世代との激闘を制し、見事全国制覇を達成した。2年生の夏、インターハイ終盤頃に、Jabberwock(ジャバウォック)というバスケ王国アメリカ最強のストリートバスケットボールチームが来日。日本チームとの親善試合が行われるが、そこで彼らは圧倒的な実力を見せつけ、日本のバスケを嘲笑った。リコの父・景虎はJabberwockの不遜な態度に激怒し、黒子と火神、そしてキセキの世代を招集し、今回限りのドリームチームVORPAL SWORDS(ヴォーパル・ソーズ)を結成。Jabberwockへのリベンジマッチに臨む。

見たい映画に
登録した人
8

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 90
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 多田俊介
原作 藤巻忠俊
脚本 高木登
総作画監督 後藤隆幸菊地洋子
キャラクターデザイン 菊地洋子
音楽 池頼広
主題曲/主題歌 GRANRODEO
編集 植松淳一
色彩設計 竹田由香
音響監督 三間雅文
美術監督 鈴木路恵
撮影監督 荒井栄児
CGIディレクター 磯部兼士

キャスト

黒子テツヤ 小野賢章
火神大我 小野友樹
黄瀬涼太 木村良平
緑間真太郎 小野大輔
青峰大輝 諏訪部順一
紫原敦 鈴村健一
赤司征十郎 神谷浩史

レビュー

本当にラスト!

投稿者:ますごん

(投稿日:2017/03/19)

期待しすぎて、楽しみにしすぎた為星3つにしました。 テレビ…

[続きを読む]

支持者:1人

『黒子のバスケ』(4作品)

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME
劇場版 黒子のバスケ LAST GAME (2017年3月18日公開)

人気漫画の続編「黒子のバスケ EXTRA GAME」を、原作者自ら新エピソードを書き下ろしアニメ化

黒子のバスケ ウインターカップ総集編 〜扉の向こう〜
黒子のバスケ ウインターカップ総集編 〜扉の向こう〜 (2016年12月3日公開)

藤巻忠俊の人気コミックを原作とするテレビアニメを3部作として再編集した第3弾

黒子のバスケ ウインターカップ総集編 〜涙の先へ〜
黒子のバスケ ウインターカップ総集編 〜涙の先へ〜 (2016年10月8日公開)

藤巻忠俊の人気コミックを原作とするテレビアニメを3部作として再編集した第2弾

黒子のバスケ ウインターカップ総集編 〜影と光〜
黒子のバスケ ウインターカップ総集編 〜影と光〜 (2016年9月3日公開)

藤巻忠俊の人気コミックを原作とするテレビアニメを3部作として再編集した第1弾

最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 劇場版 黒子のバスケ LAST GAME

ムービーウォーカー 上へ戻る