映画-Movie Walker > 作品を探す > 天使が降りたホーム・タウン

少し頭の弱い男と人間不信の女が、旅を経て心を通いあわせる姿を描くロード・ムーヴィー。製作はモーリッツ・ボーマンジム・キャディ、監督は「デッドフォール」のアンドレイ・コンチャロフスキー、脚本はパトリック・シリーロ、撮影はラヨシュ・コルタイ、音楽はエデュアルド・アルテミエフが担当。出演はジェームズ・ベルーシー、ウーピー・ゴールドバーグほか。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

空想家で頭の少し弱いホーマー・ランザ(ジェームズ・ベルーシー)は、父親が癌にかかっていることを聞き、ひとり暮らしをしているアリゾナから、両親の住むオレゴンまで旅をすることになった。ところがヒッチハイクで強盗にあい、無一文になったホーマーは、スクラップ場に止めてあった車で一晩を過ごそうとしているところを黒人女性のエディ(ウーピー・ゴールドバーグ)に見とがめられる。エディはホーマーが金を奪われたことを知るや、彼と共に犯人を追いかけることにするが、実は彼女もホーマーの金が目当てだった。性格も正反対だが、ふたりは不思議と気が合い、時として凶暴になるエディに、ホーマーは誠実に生きるべきだと諭す。しかしエディは、脳の病いに冒され、後1カ月の命であることを彼に打ち明けるのだった。ホーマーはエディのために、彼女の母親のもとに寄り道するが、彼女はすでに他界していた。ふたりはホーマーの実家にたどりつくが、彼の父は2日前に亡くなり、おまけにホーマーは自分が歓迎されない人物であることを知るのだった。その夜、町で友人と再会したホーマーは彼から仕事を得るが、エディはホーマーの誘いを振り切って町を出る決心でいた。ところがそんな時、彼女の頭を頭痛が襲いかかり、薬を買おうと立ち寄ったドラッグ・ストアで、小銭を探す時、誤って拳銃を出してしまう。エディは強盗と勘違いした店員に撃たれ、折から彼女を探してやって来たホーマーの腕の中で息絶えるのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Homer and Eddie
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 CFD
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 天使が降りたホーム・タウン