TOP > 上映中の映画作品を探す > 天使(1937)

古くは「ラヴ・パレイド」「陽気な中尉さん」「私の殺した男」「生活の設計」等をもって我国にも名声高き巨匠エルンスト・ルビッチの監督作品で、主演のディートリッヒは「モロッコ」「間諜X27」「真珠の首飾」等で有名である。「ブロンド・ヴィナス」「再び逢う日」「忘れられた顔(1936)」等で落着いた芸風を買われているハーバート・マーシャル及「豪華一代娘」「社長は奥様がお好き」「Gウーマン」等のメルヴイン・ダグラスとエドワード・エヴァレット・ホートンハーバート・マンディンアーネスト・コサート等が助演している。

5/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロンドンからパリの旅客機に英国の敏腕な外交官フレデリック・バーカー卿の夫人マリアが乗込んでいるが、それは良人がジュネーブの国際会議に出席中、留守居の無卿を紛わさんものと良人に内緒で、パリに住む大公爵夫人を訪問するためであった。大公爵夫人は彼女の昔からの知合で、今は紳士たちに御夫人を紹介することを職業としている。アントニー・ハルトンなる英国人が紹介状を持って、ツール街に住む大公爵夫人の許を訪れるがちょうど居合せたマリアを見て痛く心を動かされる。マリアも徒然なるままにある料理店で落合う約束をする。約束の料理店で食事を共にした2人は、いつしか愛情で堅く結び合される。男はしきりに女の名前を知りたがるが女はついに名乗らないまま、男が公園ですみれの花を買っている間に忽然と姿を消す。男は「天使、天使」と呼び続ける。国際会議を終えたバーカー卿は、ジュネーブからロンドンに帰ってくる。ある日、競馬場で卿は友人ハルトンに会い彼からパリにおける彼の「天使」の思い出を聞かされる。翌日、ハルトンはバーカー卿の自宅に招待される。同家のマリア夫人こそパリ以来彼が求めてやまない「天使」その人ではないか。彼らの愛情は妖しく燃え上がるが、良人の賢い穏かな愛情を感じているマリアは、自分は天使なる女とは全然他人であるといい張る。バーカー卿の心中にもなぜかしら穏やかならざる蔭が宿る。彼は急用で再びジュネーブに赴くことになり、航空会社へ座席を申込んだことから図らずも妻マリアが単身パリに出掛けたことを知り、愛妻への疑いが彼の心を暗く閉ざす。ハルトンはマリアに、水曜日午後5時に、再びパリの大公爵夫人の許に来るように言い置いて暇を告げる。マリアは良人にパリまで同行しそのところで良人の返りを待ちたいと願いその同意を得る。約束の時間、ハルトンは大公爵夫人の許でマリアを待ち焦がれている。とバーカー卿が重い足取りでそこに現われる。そして折しも訪れたマリアに会う。妻への疑いは今紛れもない事実となって現われた。激昂したバーカー卿は去就をマリアの一存に任せてそこを出て行く。その後姿をじっと見つめていた彼女は、ハルトンをその場に残して良人のあとを追う。

作品データ

原題 Angel
製作年 1937年
製作国 アメリカ
配給 セントラル映画社
上映時間 91
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

エルンスト・ルビッチ監督のオシャレな映画

投稿者:たっかん

(投稿日:2016/3/5)

どうしてエルンスト・ルビッチ監督作品は、こうもオシャレな映画…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 天使(1937)