映画-Movie Walker > 作品を探す > フランコフォニア ルーヴルの記憶

アレクサンドル・ソクーロフが、第二次世界大戦当時のナチス・ドイツのパリ侵攻を入り口に、ルーヴル美術館が見つめてきた美と戦争の歴史を辿る叙事詩。ルーヴルの館長ジョジャールとナチス将校メッテルニヒは、美術館を守るという使命で結ばれてゆく。撮影は実際にルーヴル美術館内で行われている。出演は「めぐりあう日」のルイ=ド・ドゥ・ラングサン。

3/5
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第二次世界大戦真っ只中の1939年。ルーヴル美術館長のジャック・ジョジャール(ルイ=ド・ドゥ・ラングサン)は、館内の美術品をナチス・ドイツから守るため、パリ郊外へ密かに運び出すよう指示する。その翌年、芸術品の管理のため、ナチス・ドイツの将校ヴォルフ・メッテルニヒ(ベンヤミン・ウッツェラート)が度々ジョジャールの元を訪れるようになる。敵同士だったため、心を開いて語り合うことはなかったが、美術品を守るという相通じる使命で繋がってゆく2人。そして、ヒトラーのパリ侵攻を横目に、人気のない美術館ではナポレオン1世(ヴィンセント・ネメス)が美術品を前に“これも自分が集めてきたものだ”とかつての栄光に浸っていた。その傍らには、フランスの象徴であるマリアンヌ(ジョアンナ・コータルス・アルテ)の姿が。争いを繰り返す人類の歴史の中で、ルーヴル美術館が見てきたものは?そして、ナチス・ドイツのパリ侵攻をどう潜り抜けたのか……?

見たい映画に
登録した人
7

作品データ

原題 FRANCOFONIA
製作年 2015年
製作国 フランス ドイツ オランダ
配給 キノフィルムズ
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ジャック・ジョジャール ルイ=ド・ドゥ・ランクザン
ナポレオン ヴィンセント・ネメス
ヴォルフ・メッテルニヒ伯爵 ベンヤミン・ウッツェラート
マリアンヌ ジョアンナ・コータルス・アルテ

レビュー

観客を選ぶが……

投稿者:gutenberg

(投稿日:2016/11/1)

芸術性が高く、色々な切り口での描き方がなされ評価が分かれるか…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > フランコフォニア ルーヴルの記憶