映画-Movie Walker > 作品を探す > ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~の画像

かつて人気テレビ番組「料理の鉄人」の演出を務めた田中経一の作家デビュー作を、二宮和也主演で映画化した人間ドラマ。現代の日本と1930年代の満州国という2つの時代を舞台に、すべての味を記憶し再現することができる絶対味覚(=麒麟の舌)の持ち主である2人の料理人が辿る運命と、不思議な縁が描かれる。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 47
レビュー 16
投票 31
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 44% (11)
星4つ 100% (25)
星3つ 44% (11)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2000年代初頭。一度食べた味を完全再現できる絶対味覚=“麒麟の舌”の持ち主である佐々木充(二宮和也)は、依頼人が人生最後に食べたい料理を再現して高額の報酬を得る通称・最期の料理人。幼少時に両親を亡くして以来、施設で育ち、自らの才能だけを頼りに生きてきた。ある日、世界各国のVIPが彼の料理を食べに来るという中国料理界の重鎮・楊晴明(笈田ヨシ)から、充は幻のフルコース『大日本帝国食菜全席』の復元を依頼される。楊は1930年代、満州で山形直太朗(西島秀俊)の調理助手としてメニュー作成に協力したが、消息を絶った直太朗とともにレシピ集も散逸されたという。そしてその直太朗もまた“麒麟の舌”を持つ料理人であった。元・天皇の料理番として宮内省に勤めていたが、『大日本帝国食菜全席』作成のため、満州に渡る。やがて、メニュー開発をすすめるうちに、日本と他国の料理を融合して新たなレシピを生み出すことが、民族間の相互理解の助けとなり「料理をもって和を成せる」という考えに至る。その理想に人生すべてを捧げることとなるが、太平洋戦争開戦直前にレシピ集とともに消息を絶ったのであった……。充は、関係者たちの証言を集めながら、消えたレシピの解明に挑むが、やがて70年の時をつなぐ壮大な愛の物語を知る……。

見たい映画に
登録した人
57

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 126
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 滝田洋二郎
製作 亀山慶二藤島ジュリーK.吉崎圭一市川南見城徹秋元伸介木下直哉沖中進浅井賢二二木清彦樋泉実荒波修
製作総指揮 早河洋
チーフプロデューサー 林雄一郎
プロデューサー 八木征志高野渉若林雄介
原作 田中経一
脚本 林民夫
企画 秋元康
撮影 大嶋良教
衣裳 西留由起子
コーエグゼクティブプロデューサー 佐々木基阿比留一彦上田太地
特殊メイク造形統括 江川悦子
音楽 菅野祐悟
音楽プロデューサー 野口智
美術 部谷京子
編集 李英美
録音 小野寺修
スクリプター 大西暁子
音響効果 小島彩
エグゼクティブプロデューサー 西新
キャスティング 川村恵
ヘアメイク 内田結子市川温子
助監督 足立公良
照明 長田達也
装飾差配 小池直実
装飾 うてなまさたか石田満美
ラインプロデューサー 山下秀治田口雄介
VFXスーパーバイザー 大萩真司
撮影監督 浜田毅
料理監修 服部幸應
フードコーディネーター 結城摂子
ポストプロダクションプロデューサー 篠田学
製作担当 道上巧矢

レビュー

綾野炒飯食べたい。

投稿者:ひゃん

(投稿日:2018/02/04)

小説を全く知らなかったので、あの時代にこんなことがあった …

[続きを読む]

支持者:0人

今年の邦画ではおすすめ

投稿者:パライバ

(投稿日:2017/11/26)

体調整わず、やっと本日鑑賞。 原作未読。良い映画でした。 …

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~

ムービーウォーカー 上へ戻る