傷だらけの悪魔|MOVIE WALKER PRESS
MENU

傷だらけの悪魔

2017年2月4日公開,97分
  • 上映館を探す

コミック・ノベルアプリ「comico」に連載され、ティーンから圧倒的な支持を受けた澄川ボルボックス原作のコミックを映画化した青春ドラマ。かつてイジメていた相手に復讐され、イジメに遭うヒロインの苦悩を描く。「あまちゃん」の足立梨花がヒロインの舞を、彼女に復讐を誓う詩乃をモデルとして活躍する江野沢愛美が演じる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

親の都合で田舎の高校に転校した舞は、ださいクラスメイトやどこまでも続く田園風景にうんざりしながらも、そこそこ楽しもうと思っていた。そんな彼女の前に中学時代の同級生・詩乃が現れる。かつて舞のグループから酷いイジメに遭っていた詩乃は復讐を決意。彼女の策略で舞はイジメの標的となり、地獄のような毎日を送る事になる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
97分

[c]2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ [c]澄川ボルボックス/comico. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • 門倉カド

    5
    2017/2/19

    【賛否両論チェック】
    賛:因果応報のごとく、転校先でイジメに遭うことになった主人公が、屈することなくあらゆる手を講じて立ち向かおうとする姿勢に、雄々しくも切なさが感じられる。イジメの当事者のみならず、傍観する者達への糾弾にも圧倒される。
    否:陰湿なイジメのシーンがかなり続くので、人によってはヘドが出そう。

     陰湿なイジメをしていた本人が、転校先ではイジメのターゲットになってしまうという内容は、言ってしまえば因果応報な展開ではありますが、そこに終始せず、姑息な手段でイジメから抜け出そうと奔走する主人公のあがく様も、また浅ましさを感じさせます。
     そして本作で言及されるのは、イジメで1番悪質ともいえる“傍観者”の罪です。陰でこっそり助けてくれることはしても、表立って声を挙げることはせず、中には楽しみながら、自分は安全な場所から眺めているだけの多数の者達。そんなサイレント・マジョリティーに対し、主人公が糾弾するシーンは圧巻です。
     嫌悪感を抱きそうなイジメのシーンが続くので、嫌いな人は本当にヘドが出るかと思いますが、人間の本質を掘り下げる作品といえそうです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告