映画-Movie Walker > 作品を探す > ひかりをあててしぼる

予告編を見る
ひかりをあててしぼるの画像

2006年渋谷で実際にあった事件を基に2011年に上演された舞台を、同作演出の坂牧良太が自ら映画化。サラリーマンの浩平は、合コンで出会った智美と結婚する。やがて虚栄心の強い智美に振り回されるようになった浩平は、彼女に暴力を振るうようになる。出演は、「ヘヴンズ ストーリー」の忍成修吾、「くらげとあの娘」の派谷恵美、「ハッピーランディング」の永山たかし

1/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

いわゆる普通のサラリーマンである谷中浩平(忍成修吾)は、ある日、友人の巧(永山たかし)と合コンに参加する。そこにいた美しい女、木下智美(派谷恵美)と浩平は急接近し、やがて結婚する。当初は幸せな夫婦生活だったが、虚栄心の強い智美は浩平を振り回すようになり、やがて二人の間に溝ができていく。自由を奪われたくない智美は、できた子供を堕胎する。人に羨ましいと言われる生活をするため、借金をして高級マンションに住む。浩平は智美に嫌われたくないと必死に理想の夫を目指すが、ついに溜まっていた不満が爆発し、智美に暴力を振るうようになる。智美は鼻や歯が折れるほどの暴力を受けるが、智美もまた浩平に依存していき、逃げ出すことなく暴力を甘んじて受け続ける。ボロボロになっていく二人は、他人から見れば悲劇的な結末を迎えるが、智美にとっては最高の幸せとも言えるものだった……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 アルゴ・ピクチャーズ
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 坂牧良太
プロデューサー 古賀奏一郎松江勇武竹村喜美江
脚本 宮崎大祐坂牧良太
音楽 下石奈緒美
主題歌 小南泰葉
美術 大藤邦康
編集 坂牧良太
録音 岩間翼
照明 加藤大輔
撮影監督 古屋幸一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ひかりをあててしぼる