映画-Movie Walker > 作品を探す > 暗黒街のエース

ジャン・ブルースの小説を、クラーク・レイノルズが脚色、「悪銭」のモーリス・クロシュが監督したアクションもの。撮影はアンリ・レイシ、音楽は「トリプルクロス」のジョルジュ・ガルヴァランツが担当。出演は「バンコバンコ作戦」のカーウィン・マシューズ、「5月の7日間」のエドモンド・オブライエン、スペイン出身のフェルナンド・レイ、フランスのジェーン・フレミングなど国際色豊かな顔ぶれ。製作はナット・ワックスバーガー

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

バイカウント(子爵)とあだなされ、色事にかけても犯罪捜査にかけても超一流の腕をもつクリント・ド・ラ・ロシュ(カーウィン・マシューズ)は、パリの銀行で起こった盗難事件の犯人探索を依頼されアシスタントのビレット(ジャン・イアンヌ)をともなってパリへやって来た。2人はさっそくストリップ・クラブに行きダンサーのリリー(ジェーン・フレミング)と会い、彼女と同室だった踊り子タニアの死の真相を訊く。それによるとタニアは、襲われた銀行の取締役を色仕掛けで油断させ、地下金庫の鍵を盗み、それを情夫ドモワニュ(フェルナンド・レイ)に渡したのだが、報酬は死だったというのだ。銀行強盗の犯人はドモワニュに間違いない。事件はいとも簡単に解決したかにみえた。が、クリントの安心をよそに事件は思わぬ方向に発展した。というのはドモワニュは金庫破りの折、現金のほかに倉庫内に隠されていた多量の麻薬を持ちだしていた。この麻薬は、実はドモワニュの宿敵バロン(エドモンド・オブライエン)が一時的に隠匿をはかったものだったのである。ドモワニュが犯人だと知らないバロンはクリントに接近してきた。クリントが捕らえる犯人を、警察へつき出すまえに買いとろうというのである。一方、麻薬がバロンのものだと知ったドモワニュは、クリントに仲介を頼み、麻薬をあらためてバロンに売りつけようと懸命だった。そこでクリントは両者を対決させ一網打尽にと考え、ドモワニュの別荘で2人を会わせることにした。武装した手下たちを別荘のまわりに待機させたバロンと、内側から同じ態勢をとったドモワニュの対決が始まった。と、その時ビレットが発電器をショートさせたため双方入りみだれての大混乱に。その混乱に乗じて、クリントはみごと2人を捕えるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Viscount
製作年 1967年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース/セブン・アーツ映画
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 暗黒街のエース