映画-Movie Walker > 作品を探す > まなざし

2015年バンコク世界映画祭に正式出品されたヒューマンドラマ。介護職員のヨウコのもとに一本の電話が入る。ある事件で服役していた父・シゲユキが出所するという知らせだった。ヨウコが父のいる施設を訪ねると、彼は服役生活の間に寝たきりになっていた。監督・脚本・編集は、「scope」の卜部敦史。出演は、「縁(えにし) The Bride of Izumo」の根岸季衣、ドラマ『ショムニ』の山崎満、「どうしても触れたくない」の入江崇史

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

介護職員として働きながら、田舎町でひっそりと暮らしているヨウコ(根岸季衣)。いつも通り朝食を作り、何一つ変わらない朝だったが、一本の電話によってヨウコの平穏な日常は終わりを告げる。ある事件により服役していた父・シゲユキ(山崎満)が出所するというのだ。ヨウコがシゲユキのいる施設を訪ねると、シゲユキは長期の服役生活で寝たきりになっていた。ヨウコは唯一の肉親である弟・マサオ(入江崇史)に相談するが、父の話をすることを嫌うマサオはその場から立ち去ってしまう。出所後の父の受け入れ先として選択を迫られたヨウコは、悩んだ挙句、家に受け入れる決意をする。突如として父との生活が始まる。身の回りのことは何もできなくなっている父は、誰かの世話にならなければ、生きていくことすらもままならない。そんな寝たきりの父を見つめるヨウコの目は、なぜか怯えていた。ヨウコは父の視線に戸惑いながら、恐る恐る世話をし始める。そして、父への憎しみが次第に呼び起こされていく。疲弊していく娘の姿を見つめながら、父は“あること”に思いを巡らせていた。残されたわずかな時間に、絶望の淵にいた二人は小さな光を見る……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
上映時間 93
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 卜部敦史
プロデューサー 堀井威久麿大越康男
脚本 卜部敦史堀井威久麿
特殊メイク 浅海雅俊
編集 卜部敦史堀井威久麿
録音 吉永篤史梅村竜矢前田穂高
ヘアメイク 中村ひろ子熊田美和子
助監督 大越康男
整音 前田穂高
撮影監督 堀井威久麿
制作 大越康男
介護技術指導 雨下美沙
介護技術協力 大越栄子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > まなざし