映画-Movie Walker > 作品を探す > Start Line

聴覚障害を持つ映画監督の今村彩子が、日本列島を自転車で縦断する姿を追ったドキュメンタリー。健聴者とのコミュニケーションに壁を感じてきた今村彩子は、自らの甘えを絶とうと一念発起、沖縄から北海道まで自転車で57日間、3,824kmの旅に出る。今村自身と伴走者が撮影した350時間にも及ぶ映像を編集して作り上げた。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

生まれつき耳が聞こえず、健聴者とのコミュニケーションに壁を感じてきた映画監督の今村彩子。“このままではいけない。次に進むためにも、コミュニケーションの映画を撮ろう”。そんな想いから、沖縄から北海道まで、自転車による日本縦断の旅を決意する。こうして2015年夏、自身を被写体とするロードムービー「スタートライン」がクランクイン。出発早々の荒天、道に迷ったり、“聞こえる人”との会話に四苦八苦したり……。クロスバイク歴わずか1年、交通ルールも危なっかしい。そんな彼女を叱咤激励しつつ追い続けるのは、伴走者にしてカメラ撮影を担当する“哲さん”こと堀田哲生。今村行きつけの自転車店スタッフである。2人の間には、安易な手助けや会話の通訳はしないというルールが決められていた。厳しさにヘコみ、バテて、こっそり泣いて……。それでもひたすら北に向けて走り続ける毎日。出会った人は全国で約300人。心温まる触れ合いがある一方で、気後れしてコミュニケーションの輪に入れないことの方が多い現実。ままならない自分に苛立ちが募る。心を閉じて黙りこむ彼女に、哲さんの鋭い言葉が飛ぶ。“何もできないって、あなたが思い込んでるだけでしょう!”、“コミュニケーションを、あなた自身が切っている!”。相手を想うがゆえの容赦のなさに、一触即発の危機が何度も訪れる。私はどうすべきなのか……。悩み苦しむ彼女に、北の大地で奇跡的な出会いが待っていた。自転車で日本縦断の旅をするオーストラリア人、ウィル。彼もまた、聴力にハンディキャップを抱えていた。だが、聞こえない上に日本語カタコトのウィルが楽しそうに人々とコミュニケーションする姿に彼女は驚く。なぜそんなことができるのか?満天の星の下、ウィルは言った。“ピープル インサイド オナジ”。最北端の地は、ゴールなのか?それとも……?彼女はどんな答えを見つけるのか?人生の旅そのものの57日間、3,824km。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 Studio AYA(配給協力:リガード)
上映時間 112
映画公式サイトへ
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 今村彩子
監修 山田進一
撮影 堀田哲生今村彩子
音楽 やとみまたはち
編集 今村彩子
音響効果 斉藤元
整音 澤田弘基
MAマネジメント 関純一
グラフィックデザイン 鳥居正幸小笠原円

キャスト

ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > Start Line

ムービーウォーカー 上へ戻る