TOP > 映画作品を探す > ボヴァリー夫人(2014)

予告編を見る
ボヴァリー夫人(2014)の画像

「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカが、スキャンダラスな内容で物議を醸したギュスターヴ・フローベールの古典名作に挑戦。主人公が不倫に走る相手を「ウォールフラワー」のエズラ・ミラーが演じる。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

2/5
総評価数 4
レビュー 1
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (3)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
6

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

田舎町で医者をしている年上男性との結婚生活に飽き飽きした若き妻エマは、不倫に走り、破滅に向かっていく。

作品データ

原題 MADAME BOVARY
製作年 2014年
製作国 ドイツ ベルギー アメリカ
配給 クロックワークス
上映時間 119
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ボヴァリー夫人(2014)