映画-Movie Walker > 作品を探す > オールディックフォギー/歯車にまどわされて

オールディックフォギー/歯車にまどわされての画像

カントリーやブルーグラスを基盤とした“ラスティック・ストンプ”を奏でる日本のロックバンドOLEDICKFOGGYに密着したドキュメンタリー。謎のベールに包まれた彼らの日常やレコーディング風景、その圧倒的なライブパフォーマンスと絶叫する観客をカメラが追う。監督・撮影・編集は「山口冨士夫 皆殺しのバラード」の川口潤。OLEDICKFOGGYのメンバーをはじめ、「お盆の弟」などに出演した渋川清彦、アナーキーの仲野茂、怒髪天の増子直純らが出演。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

2015年。カントリーやブルーグラスを基盤とした“ラスティック・ストンプ”を奏でる日本のバンドOLEDICKFOGGYは結成12年目を迎えた。バンドにとって何の区切りでもないその年にドキュメンタリー映画の撮影がスタート。何をどのように撮影するのかプランの無いまま依頼を受けた川口潤監督は、バンドに近づくためにまずカメラを回し始める。練習スタジオ、レコーディング、ライブ、打ち上げ……。そこにあるのは酒とタバコの煙、ボンクラな会話、そして圧倒的なライブパフォーマンスと絶叫するオーディエンスの姿であった。そんな中、バンドとともに過ごした移動距離は10,000kmを越えた。彼らの渦に巻き込まれるように、ただただ撮影を続けているとバンドはいつの間にか傑作アルバムを仕上げてしまう。そして彼らはまた全国に車を走らせるのだった……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 日本出版販売
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 川口潤
プロデューサー 広中利彦近藤順也
撮影 川口潤
編集 川口潤
エグゼクティブプロデューサー 廣畑雅彦小松賢志
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > オールディックフォギー/歯車にまどわされて