映画-Movie Walker > 映画作品を探す > トイ・ストーリー4 > レビュー

投稿レビュー(13件)トイ・ストーリー4は星4つ

子どもにしかわからないおもちゃの魅力 (投稿日:2019年10月13日)

ウッディたちの持ち主ボニーが作ったフォーキーが逃げ出して、それを探す旅に出たウッディは、かつての仲間に出会い、たくましく生きるおもちゃたちの姿を見る。
ゴミから作られた手作りおもちゃが子供のいちばんのお気に入りという設定は面白い。子どもの周りにはおもちゃがあふれているけど、一方で捨てられるおもちゃも少なくないという現実。今までよりおもちゃを取り巻く環境は厳しいというのは考えさせられる。だけど、ラストは好きになれないな。 »ガイドライン違反報告

投稿:ローズ

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ラストはどうしても賛否両論。新しい出逢いと、そして・・・。 (投稿日:2019年8月19日)

【賛否両論チェック】
賛:ゴミから作られたフォーキーのキャラクターとしての可愛さは勿論、その切なさや持ち主の少女からの想い等、思わずグッとくる物語がステキ。
否:ラストはどうしても賛否がありそうなところ。予備知識もあった方がイイほか、小さい子が怖がりそうなシーンが若干あるのも難点か。

 特に前作までの説明はしてくれないので、何らかの予備知識はあった方がよさそうです。
 今回は自分が「ゴミ」だと思っているフォーキーのドタバタ劇に巻き込まれてしまったウッディが、ボニーを喜ばせるために大冒険を繰り広げていく姿が、痛快さ満点でスリリングに描かれていくのが印象的です。
「僕はゴミだ~!!」
と、事あるごとにゴミ箱へ突撃してしまうフォーキーのキャラクターがとってもキュートで、それでいてどこか切なくもあります。また、中盤で描かれるギャビー・ギャビーの物語も、忘れられたオモチャの哀しみを体現していて、観ている側も思わず考えさせられてしまいます。
 そして何といっても賛否両論ありそうなのが、そのラスト。あまり言うとネタバレになってしまいますので、詳しくは実際にご覧になっていただきたいのですが、個人的には何となく予定調和の作品も多い中で、こういう終わり方があってもステキだなと思いました。
 小さい子が怖がりそうなシーンもちょっとだけありますが、誰もが知る名作の最新作ですので、是非ご家族皆さんで観てみて下さい。 »ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

また会えるかな、ウッディ。 (投稿日:2019年8月16日)

練り上げられたストーリーとこれでもかと注ぎ込まれるエピソードのアイディアに毎回大満足。前作「3」の後で何の蛇足かと思いつつ見始めたが、結末まで見終わって、これもあり、いや、これしかない、と思い直した。
今回はとりわけウッディが八面六臂の大活躍。ほとんど出ずっぱりで奮闘する。冒頭のダイアモンド☆ユカイの歌声「俺がついているぜ」の歌詞の通り、これでもかと駆け巡り、飛び回る。これ以上動くと壊れるよ、ウッディ。
おもちゃのキャラもそれぞれ見せ場があり、アクションも心意気も魅力的なボー、あいかわらずまじめにボケて友情に厚いバズ、けなげでほほえましいフォーキー、最後までむりやりキメてくれるデューク、悲しくてちょっと怖いギャビー、ここぞというところで好アシストのジェシー…。
もうこのチームには会えないのだろうか。そう思うとやはり寂しいが、世界のどこかでひょっこりウッディに出会えそうな気もする。会いたいな、また。 »ガイドライン違反報告

投稿:afternoonteabreak

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

いまいち (投稿日:2019年8月1日)

何かいまいちだったな。
このエピソード必要かね?
3できれいさっぱり終わらせておいたほうが良かったと思う。 »ガイドライン違反報告

投稿:1978年から洋画

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

最終回(3)のエピローグ (投稿日:2019年7月31日)

なんでしょ、このストーリーの完成度と、予告からまったく予想できなかった意外性。

おもちゃは何のためにあるのか、というテーマも深い。

シリーズでありながら、このクオリティの高さを維持…いや、より高みを目指している感はすごい。
1作目以来、出なくなったボーの話を回収しつつ、新しい感動を与えてくれました。

初期よりCGの技術が上がり、おもちゃの材質の違いが判るところ(質感の違い)まで表現していたことにも驚きました。

超おすすめ。
特にシリーズを追ってきた大人には!

お子さんには、テーマが響くか疑問なのと、腹話術の人形が怖いかも……

これがシリーズ初見の人にはすすめません。
また、アンディとの関係性は「3」までで、この「4」は関係ありません。そこが今まで楽しみだった人には、ちょっと厳しいかも。

などと書いてる私自身、未だ「3」が最終回であり、これはエピローグとだと思っています。
だから、これ以上(「5」以降)がないでこれで終わってほしいなと。 »ガイドライン違反報告

投稿:コージィ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

楽しかった! (投稿日:2019年7月28日)

シリーズはDVDでしか観たことがなくて初めて映画館で。

前作から9年も経ってCG技術が進歩したせいなのか、それとも今まで映画館で観てなかったから気がつかなかっただけなのかわからないけれど、ウッディもバズもボーもみんな凄く生き生きとした表情で
観ていて楽しかった。
ギャビーギャビーとベンソン達の絡みが若干ホラーちっくに見えてしまうところが個人的に好きだったし、デュークカブーンのあのポーズやダッキーとバニーの妄想がめっちゃ面白かったw
みんな様々な背景があってのあのキャラクターなんだと考えると
ちょっぴり悲しくもなったけど前作で個人的に感じた“継承”の心
みたいな事が本作にも見えてまた温かい気持ちになれました »ガイドライン違反報告

投稿:Movie Walkerユーザー

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

終章には立ち会わねば (投稿日:2019年7月17日)

脚本もキャラ設定も相変わらず子供向けの緩い感じなのですが。ボーがカッコ良すぎるし、撮り方?(CGだけど)うますぎるし、同窓会に参加して楽しい時間を過ごしたってところですネ。
エンドロールの後も見逃さずに!緩いけど。。 »ガイドライン違反報告

投稿:亀戸大根

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ウッディの選択に感動 (投稿日:2019年7月17日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

私はアンディのように大学に進学してウッディ達の知らない世界に行ったからこそ面白く感じたのかもしれません。子どもにもおもちゃにも等しく誠実であり続けた彼が、最後には自分のエゴを優先させたところはおもちゃで今遊んでいる子どもたちには辛いところかもしれません。ただ、私はクローゼットにおもちゃをしまい込んだからこそある種の救いのように感じました。
言い方が悪くなってしまいますが、子どもではなく、親ではない立場の人の方がおもちゃの行方に責任を持たなくて良いのでアンディの選択を受け入れられるのかもしれません。君は僕の友達、のぼくが自分でなくても平気なのですから。 »ガイドライン違反報告

投稿:twiceonceours

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

次の展開へのステップ。 (投稿日:2019年7月14日)

前作の「3」から9年。
「3」でもう終わりだと思っていたんで
「4」があると知ったときは、正直、もう必要ないのでは?
「3」で終わったほうが・・・って思いました。
でも、「4」を観て思いました。
なるほど、次の展開のためには
「4」がステップとして必要で、
この結末のために「4」を作ったのかと・・・
楽しい楽しい前半から中盤までと
終盤からラストへの物語の展開。
寂しいですね、すごく寂しいです。
次作がどうなるのか、今から待ち遠しいです。
»ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

客観的に見ると (投稿日:2019年7月13日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

役目を終えたウッディが何の柵からも解放されて彼女と一緒に老後の生活を楽しむみたいな感じを受けた。

本当の作品の最終回としてスタッフがウッディにあげたご褒美みたいな?

それにしてもちょっとこじつけが酷い気がしたし3の流れを潰してるのはどうかと思う。おもちゃとしての幸せではなくあくまでウッディ単体の幸せを願った最後ではないかと思った。だから最後ウッディが自分から人間から離れる選択をさせるためにわざとウッディはお役ごめんな流れを作ったのかな。にしてもちょっとなーって感じ。 »ガイドライン違反報告

投稿:showshow2929

評価:1
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > トイ・ストーリー4 > レビュー