TOP > 上映中の映画作品を探す > エンドレス・ポエトリー

予告編を見る
エンドレス・ポエトリーの画像

アレハンドロ・ホドロフスキーの自伝的作品「リアリティのダンス」の続編。ホドロフスキー一家は、故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住。青年に成長したアレハンドロは、若きアーティストたちとの出会いを経て、自分の道を見つけ出してゆく……。若き日のホドロフスキーを演じるのは、「リアリティのダンス」にも出演した末の息子アダン・ホドロフスキー。その父親を長男ブロンティス・ホドロフスキー(「リアリティのダンス」)が演じる。

3/5
総評価数 14
レビュー 2
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (10)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
19

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住したホドロフスキー一家。青年に成長したアレハンドロ(アダン・ホドロフスキー)は、自分の自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、今の環境から抜け出して、自分の道を表現したいともがいていた。そんなある日、アレハンドロは従兄のリカルドに連れられ、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られないダンサーや彫刻家、画家、詩人といった若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接する中で、それまで自分が囚われていた檻からやがて解放されるアレハンドロ。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、ステジャ・ディアスとの初恋を経験し、アレハンドロの運命は、未知の世界へと開かれていく……。

作品データ

原題 POESÍA SIN FIN
製作年 2016年
製作国 フランス=チリ=日本
配給 アップリンク
上映時間 128
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

初めて組むカメラマンの手持ち撮影が優れた映像にした・・

投稿者:Iwata Hiroyasu

(投稿日:2017/12/17)

ホドロフスキー監督「エンドレス・ポエトリー」を鑑賞。今まで一…

[続きを読む]

支持者:0人

天才

投稿者:

(投稿日:2017/11/29)

何が起こるか、分からない。何を見せられているのか、困惑する。…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

カルト的人気にSF大作『DUNE』の頓挫…91歳の鬼才監督ホドロフスキーの歩み
カルト的人気にSF大作『DUNE』の頓挫…91歳の鬼才監督ホドロフスキーの歩み(2020年6月12日 22:30)

カルト映画界の巨匠として知られ、御年91歳を迎えたいまも新作の撮影に精を出すアレハンドロ・ホドロフスキー。そんな彼の集大成とも言える『ホドロフスキーのサイコマジ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > エンドレス・ポエトリー