土竜の唄 香港狂騒曲|MOVIE WALKER PRESS
MENU

土竜の唄 香港狂騒曲

2016年12月23日公開,128分
  • 上映館を探す

交番勤務のダメ警官から潜入捜査官に転身した男のハチャメチャな活躍を描く、生田斗真主演のアクションの続編。原作コミックの中でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を映画化。前作のキャストに加え、エリート警官・兜役に瑛太、チャイニーズマフィアのヒットガール役を菜々緒が演じるなど、個性派キャラが勢ぞろい。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

潜入捜査官として広域指定暴力団・数寄矢会に潜り込み、日浦組組長と義兄弟になった玲二。そんな彼に会長の轟周宝から極悪非道のチャイニーズマフィア、仙骨竜を叩きのめすこと、そして娘の迦蓮のボディガードを務めるという重大なミッションが下される。意気のあがる玲二の前に、警視庁組織犯罪対策部のエース、兜が立ちはだかる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
128分

[c]2016「土竜の唄 香港狂騒曲」製作委員会 [c]高橋のぼる・小学館 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.3
  • ひゃん

    3
    2017/1/24

    二作目も相変わらず、くだらなくてアホらしくて面白かった。
    冒頭から全裸で火あぶりってバカじゃないの!?とノリノリ。
    今回は女優陣がかなり台頭し、エロと狂気に拍車がかかった。
    本田翼の最近の化けぶりは見事だが、仲里依紗相手に啖呵を
    切る予告編まんまの弾けぶり。菜々緒はパンチラに留まらず
    トイレのスッポンにもハマる(^^;まぁお見事すぎてグゥの音
    も出ない。となれば生田はもちろん前貼りを何度も披露する。
    堤真一なんてあまりに楽しそうだから本業はそっちなんじゃ
    ないか?と思うほど。今回の敵となる瑛大も初めから怪しい。
    そうそう、忘れちゃいけない古田新太はモモンガ役で初参戦。
    このバカ合戦をハイスピードで描いたら、四の五の考える隙
    がないことを含めラストまでベタに楽しめること請け合いだ。

    (そのうちエンディングでダンス踊るんじゃないの、この作品)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • おさおさ

    3
    2017/1/9

    前作と同じような感じでした。
    みんな楽しんで撮影されているのがよく分かりました。
    面白いんですけど、下ネタが多すぎかな。
    それでも、ハチャメチャなドタバタ映画だから、許されるところです。
    ただ、フォークダンスは無いかなあ。相当シラケました。
    どうしたんだろう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • めいべいびー

    4
    2017/1/8

    しょーもないギャグに2時間笑いっぱなし!
    前作より開き直った感があり、シリアスなシーンが激減。
    くだらなさが更に追求されていました。

    俳優陣の表現力が高いから、すべる手前、くどすぎないレベルで進み、安心して観ていられるのが良いです。

    下ネタ大好きな小学生男子の気分で満喫し、会社のストレスはどこかへ・・・
    難しいこと考えずに、ゲラゲラ笑う時間って必要ですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告