ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

2016年12月16日公開,133分
  • 上映館を探す

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へと続く物語が描かれる、人気シリーズのスピンオフ作。帝国軍の究極兵器、デス・スターの設計図奪取に挑む無法者集団、ローグ・ワンの活躍を描く。女戦士ジンをフェリシティ・ジョーンズが演じるほか、ドニー・イェン、フォレスト・ウィテカーら個性豊かな俳優たちがその仲間に扮する。

伝説は永遠に…完結記念『スター・ウォーズ』特集【PR】

豊富なニュースとコラムで「SW」の魅力を再発見

エンタテインメント史に金字塔を打ち立てた人気シリーズが、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(4月29日MovieNEX発売)でついに完結。本特集では、これまでの豊富な記事と新規コラムで「SW」の魅力を再発見!

予告編・関連動画

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

惑星を丸ごと粉砕できる恐るべき破壊力を誇る帝国軍の究極兵器、デス・スター。その完成が間近に迫り、銀河全体はその脅威に屈しようとしていた。反乱軍は無法者たちを集め、極秘チーム、ローグ・ワンを結成。彼らはデス・スターの設計図奪取のために動き出すが、その運命は天才科学者を父に持つ女戦士ジンの腕にかかっていた。

作品データ

原題
ROGUE ONE: A STAR WARS STORY
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
上映時間
133分

[c]Lucasfilm 2016 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.0
  • フジ三太郎

    4
    2019/3/22

    正直、ここまで面白いとは想像してなかった。
    フォースの覚醒があまりにひどかったし。
    今作はEP.4 の世界観に忠実に寄り添って、まるであの'70年代が返ってきたかのよう。
    ヒロイン物だし、どうだろうと危惧したが、エドワーズ監督は、J.キャメロンのヒロイン物を上手いことパクって、面白い群像劇に仕立てた。
    デススター破壊のための特攻チームなんで、どうしても「ナバロンの要塞」になるのだが、ジェダイ騎士を下手に出さず、宇宙時代劇色をぐっと抑えたおかげで、爽快感もある。3POとD2を足したような万能ロボットも愛嬌があって良かった。
    監督、よく研究したなあと感心

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • づーめ

    4
    2018/10/21

    なるほど、デス・スターが魚雷一発で沈む脆さだったり、そもそも反乱軍に設計図が漏れてた理由はそーいう事だったのね…と納得出来るストーリー。
    派手なライトセーバー戦がないのは、まぁ仕方ないかな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • samuimanex

    4
    2017/8/24

    ベーダー卿の登場シーンや、ラストの展開には大満足。全体的に楽しめたので☆4。音楽も本編に負けてない、いい感じでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告