TOP > 上映中の映画作品を探す > 3月のライオン 前編 > レビュー

投稿レビュー(10件)3月のライオン 前編は星4つ

島田さんと宗谷さんと (投稿日:2019年2月16日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

なるほど、ここで終わるのですね。原作と順番が入れ替わってることに、文句を言ってた人が居たみたいですが、私は分かり易くスッキリ整理されてて良かったなと思いました。どちらが良いとか悪いとかではなくて、それぞれの良さがあって・・。とか言いつつ、二階堂とモモちゃんとおじいちゃんは、ち、違う・・と思ってしまう。しかし、島田さんは本当に島田さんだし、宗谷さんも宗谷さんだ・・関係あるか分かりませんが、加瀬さんはハチクロにも出てらっしゃいましたね。前半はモノローグや説明が一切なくて良かったのに、対局のあたりからちょいちょい零ちゃんの語りが入り出して、最小限に抑えてるのでしょうけど、うーむ、惜しい・・貫き通して欲しかった。や、対局の時は別に良いと思うのですが(何様)山崎との対局の時、ヤケクソな一手を打とうとした瞬間、二階堂の声と、島田さんの声が脳内に響いたとこは泣いた。 »ガイドライン違反報告

投稿:fig262

評価:
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

細部まで演じられている (投稿日:2017年6月13日)

セリフがないただただ主人公が歩くだけのシーン、また選手ひとりひとりが駒をさす音でちゃんと性格が伝わってきて驚きました。
プロのようにさすだけでも十分大変だと思うのにそこから個性まで引き出せるのはほんとにすごいと思います! »ガイドライン違反報告

投稿:ななみ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

〝家族”を知った孤独な少年の戦い。その壮絶なる前哨戦。 (投稿日:2017年5月8日)

【賛否両論チェック】
賛:将棋の知識は最低限で大丈夫そう。生きるため、将棋で孤独な戦いを続けてきた主人公が、〝家族愛”に触れて成長していく様や、苦しみながらも更なる高みを目指していく姿に、思わず感動させられる。
否:どうしても同じようなシーンが淡々と続くので、興味がないと飽きてしまいそう。展開もかなりのご都合主義か。

 将棋そのものをよく知らなくても、緊張感はビシバシと伝わってくるので、問題はありません。むしろ将棋をよく知っている方の方が、詳しい試合展開等が分かりにくいので、消化不良かも知れません。
 幼くして家族を亡くし、生きるために必死に将棋の腕を磨き続け、孤独の中で生きてきた主人公。そんな彼が初めて〝家族”というものの温かさに触れ、もがき葛藤し続けながらも、再び自身の目指す高みへと挑んでいく、まさにその前哨戦ともいえる展開に、心が震えます。あまり言うとネタバレになってしまいますが、ラストの対局の終わり方は、思わずシビれました(笑)。
 やや上手く行きすぎな感はありますが、後編へと続く主人公の奮闘を、是非ご覧になってみて下さい。 »ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ライオンの成長。 (投稿日:2017年4月16日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

やっと「るろう~」以来の大友啓史を観た思いがするくらい感動
した。原作もTVアニメも見ていない状態だったが、あまり影響
なく素直に入り込める。主人公桐山零が於かれた状況を把握する
までのややミステリータッチな家族関係は、ヒール役の義姉にも
感情移入できる設定で、親子の絆以前に師弟関係のような、愛情
を勝負でしか量れない哀しみが浮かび上がる。有村架純はひょっ
としたらこういう役の方が合うんじゃないか?と思ったくらいだ。
家族を全員交通事故で失い、生きるために好きでもなかった将棋
を学び始めたという告白でこの子にはずっと安らげる場所がなく、
無償で愛されることを知らないまま生きてきたことにまず泣ける。
こんな境遇で生きるためには何でもやりこなさなくてはならない
(もちろん性格もあろうが)ことが神木隆之介の目線から表情から
心で呟く言葉から感じられるのだ。一見大人しく見えるが手強い。
とはいえまだ高校生。佐々木蔵之介演じる島田との対局で相手を
なめてかかって恥をかくあたりでまだまだ子供だと気付かされる。
彼を師匠に迎えた零がこれから様々な名士と渡り合うことが予想
される後編が楽しみ。それにしてもつい先日「聖の青春」を観た
ばかりの感覚からよく似た場面やキャラを連想してしまうのだが、
染谷くんが特殊メイクで挑んだ二階堂という役柄は原作と比べて
どうなんだろうなんて思った。かなり目立っているので面白いが。

(加瀬亮はやはりあの人を連想させるし。着物もよくお似合いで~) »ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

男達の盤上の戦い❗ (投稿日:2017年4月10日)

たかがゲームと侮るなかれ❗そこには男達の人生を賭けたドラマがある❗という感じかな?
しかもその棋士達の顔ぶれが凄い。いずれも主演を張れる面子揃い。それが対局上苦悶の表情を浮かべる訳で、女性にとってはセクシーと映るかも。
将棋の差し手って、宇宙中の分子の数よりも多いらしいです。その奥義を極める苦悩の表情。あなたも体験してはいかがですか? »ガイドライン違反報告

投稿:ミチさん

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

生きるための強くなり、愛でやさしくなる (投稿日:2017年4月2日)

幼い頃、家族を失い、父の友人の将棋一家に引き取られた零。生きるためには、将棋で勝つしかなく、孤独に将棋を打ち続ける零は、3姉妹との出会いで初めて家庭の温もりを知る。
将棋を知らなくても、いろんな人の人生を垣間見ながら成長していく零の姿には共感できる部分もある。人として魅力があると思うのは、神木隆之介の演技力もあるのだろうか。静かな世界で、存在感を消して人物になり切る役者たちの演技も素晴らしい。どこかで見たけど気づかなかった人がたくさんいた。 »ガイドライン違反報告

投稿:ローズ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

私生活でも闘う (投稿日:2017年3月29日)

将棋を知らないボクでも面白く観ることが出来ました。
静かな対戦であっても、頭の中や感情は激しく動いて、闘ってるんですね。
「静中動あり」ってやつでしょうか。
だから、将棋の駒を置く時のパチッという音は、ボクシングでヒットしたパンチのように感じました。
白熱した将棋の対戦は緊迫感があって、すごく上手く描かれていました。
主人公の生きざまと将棋の対戦が絡み合って、展開が面白かったです。
»ガイドライン違反報告

投稿:おさおさ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

表情・演技力対決!! (投稿日:2017年3月20日)

まさに、神木隆之介の真骨頂という感じの映画です。敗者だけではなく、勝者ならではの悲哀も描かれ、「俺には将棋しかねぇんだよー!!」と叫ぶシーンには、こちらまで泣かされそうでした。将棋を知っていれば楽しさも倍増でしょうが、将棋を知らなくてもお互いの役者が放つ鬼気迫る表情対決も見もの。本当に素晴らしい!! ももちゃん役の子が「君の名は。」の新海誠監督のお子さんなのも驚き!早く後編が観たくてたまりません!! »ガイドライン違反報告

投稿:スナフキン

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

静かなる熱い闘い (投稿日:2017年3月9日)

原作は未読ですが「将棋ルールだいたいわかります」「他の将棋漫画なら読んだ事あります」「奨励会の事もちょっと知ってます」という私にはとても面白く感じました。同行のツレは将棋まったくワカラン状態で「退屈な映画」だったとの感想。実際、8割が女性客でしたが、途中退席の人もいたようです。見る人を選ぶ映画なのかも。
将棋という静の競技は映画として難しいのかもしれませんが、私は演出と音楽で上手に味付しているなあと感心しました。とても熱い闘いが描かれていたと思います。
しかし原作漫画の長い物語を無理に切り貼りした感があり、のめり込めるようなストーリー展開が無かったのがイマイチ。最後に後編の予告がありましたが、こちらの方が楽しめそうでした。
»ガイドライン違反報告

投稿:はむ

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 3月のライオン 前編 > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る