TOP > 上映中の映画作品を探す > フラワーショウ! > レビュー

投稿レビュー(5件)フラワーショウ!は星2つ

信じて前に進めば実現する (投稿日:2020年8月1日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

才能のある女性が困難を乗り越えながら、ガーデニング大会で優勝する素敵なお話です。話自体は素敵で前向きになれるいいものです。

ただ、ちょっとよくわからないところがありますね。彼女を助けてくれるクリスティ、という男の子は、元の雇い主であるシャーからも手伝いの勧誘を受けます。なんとなく誘いに乗らなかったようですが、勧誘されているシーンはあるけどその後のシーンはない。また、シャーがメアリーのデザイン画を盗む訳ですが、そっと返すシーンがあります。これも何を暗示するのかよくわからなかった(敗北を宣言?)。メアリーとクリスティは着飾って最後にレセプションに参加しようとしますが、名簿にないと断られます。「優勝者なのに入れないの?」と思うのですが、実話ならそれで仕方ないのですが、話の展開に関係ないので余計なシーンかな、と思いました。また、エチオピアまでクリスティを説得に行くシーンがやけに長くて間延びした感じがします。
いろいろありますが、視聴後にいい話をみた、という気になれるので星4つ。

(Amazon Primeにて視聴) »ガイドライン違反報告

投稿:SYNTAGMAN

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

題材はいいが、いろんな場面が唐突でつながらない。。。 (投稿日:2016年10月19日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

久々のアイルランド映画です。



確か、この前は

ONCE ダブリンの街角で

だったはず。


アイルランドの田舎で育ったメアリー。
父と住んでいる場所の影響で、自然の中で落ち着くことを感じていた。
また、父が「妖精の場所」と呼ぶ場所では、その妖精の力を感じることができた。

彼女は大きくなるにつれ、自分の自然を守るために庭で世界を変えたいと思うようになっていた。

ロンドンでガーデニングの職を探しだしたメアリーは、デザイナーのシャーロットのところへ。そこでバイオリンを弾く植物学者クリスティと知り合う。
お試し入社したメアリーは、シャーロットにこき使われ、そのデザインを貯めたノートを盗まれて解雇されてしまう。

途方に暮れたメアリーはガーデニングの最高峰、『チェルシー・フラワーショー』で金メダルを獲ろうと考える。

家賃滞納、電話も止められたが、彼女はこの大会のエントリーを目指す。
書類選考で2000人から8人に絞られるが、彼女の想いをぶつけて突破する。
しかし、本戦に必要なサンザシの木や、自然の草木・・・
何より参加料の25万ポンド・・・・

どうするか・・・

シャーロットの顧客を訪ねようとも追い返される。
そこに居た、石職人を訪ねるとヒッピー風の庭師たちの集まりが・・・
そこでの同意を得るが、そこに居たクリスティは反対する。

クリスティは砂漠の緑化に力を注いでおり、コンテストなどに注ぐ力はないと。
クリスティはそのためエチオピアに向かう。

メアリーは、ラジオで寄付を嘆願し、クリスティを追ってエチオピアに向かう。
チェルシー・フラワーショーの準備期間まであとわずか・・・
間に合うのか??

題材とてもいいです。。。。
けど、活かし切れてない。

それぞれの場面が唐突で、後ろのシーンとうまくリンクしてないんですよね。
基が実話なんで、それなりに後ろに続くはずなんでしょけど・・・・

なんかちょっと残念。 »ガイドライン違反報告

投稿:どすん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

普通 (投稿日:2016年9月25日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

<レビュー確認中> »ガイドライン違反報告

投稿:jung

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

自然への開眼 (投稿日:2016年7月10日)

アイルランドはエメラルドグリーンと称される。

メアリーが言う自然を自然のままに。殺虫剤なんてもっての外。雑草が生えるが当たり前。流行っているフラワーアレンジメントでワイヤーなんか使ったりすることもあるが、これは違反かしら?

で、彼女の創造した作品は彼女の愛らしさとは反対に武骨でワイルド。昔を知っている人はそれを懐かしむ。自然の本来の姿の証明だ。フラワーショウ、易々と出場ができなければ、費用がかかる!しかも植物は生モノ。アイディアだけでは進めない。すったもんだでエチオピアまで行ってしまうし、背に腹は代えられない状態。近しき間柄でも貸せる金額ではない。スポンサー探しにPR。大っ変!!

クリスティも頑固だし。年々温暖化する地球。たしかにこちらの方が大事だけど、彼女の考えとは重なっている。

メアリーとクリスティの関係は筋書のままいけば、ゴールと思ったが、あら、精神的にはプラトニック。

過剰な装飾不要。なんでも素が大事。フラワーショウは一度見てみたい。
メアリーのつけるちょっとしたアクセサリーもおしゃれです。 »ガイドライン違反報告

投稿:seapoint

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

才能と熱意がある。無敵ね。 (投稿日:2016年7月5日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

田舎に産まれ育ったら当たり前に目にしている自然を、命を、都会で産まれ育つと感じずに育つせいか、大袈裟に受け止める人っているよね。
多分、そういう人の方が好きだと思う。
メアリーには野の花が生い茂り虫が飛ぶ自然が当たり前で、クリスティたちにも。
春の野山は命が溢れている。群生するカタクリの花や二輪草の白や紫が、残雪と山桜と共存していた。
でもその美しさは口で言っても伝わらない。
こうして、形にして、伝えた。それは凄い事だと思う。
気取った庭や愛好家たちの鼻を明かしたのも。
才能と熱意がある。無敵ね。

的確な助言や甘やかさないアドバイスをくれる友人が凄すぎるし、ライフワークは面倒くさいけど、ヴァイオリンまで奏でるクリスティ役のTom Hughesが男前すぎでしょ!そりゃあ、皆惚れるでしょ。 »ガイドライン違反報告

投稿:

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > フラワーショウ! > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る