太陽の蓋|MOVIE WALKER PRESS
MENU

太陽の蓋

2016年7月16日公開,130分
  • 上映館を探す

東日本大震災に伴う福島第一原発事故の発生から5日間に渡る首相官邸や市民の姿を、1人の新聞記者の視点で再現したドラマ。2011年3月11日、震災によって福島第一原発は全電源を喪失。打つ手のないまま、事態は刻々と悪化の一途を辿る。当時、事故に対応した内閣閣僚はすべて実名で登場している。出演は「駆込み女と駆出し男」の北村有起哉、「アノソラノアオ」の三田村邦彦。メガホンを取ったのは、「hide 50th anniversary FILM JUNK STORY」の佐藤太。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

あの日、日本は消滅の危機に瀕していた。2011年3月11日午後2時46分。東日本大震災が発生。福島第一原発では、全電源喪失の事態に陥った。冷却装置を失った原子炉は、温度が上がり続けてゆく。このままいけば、チェルノブイリに匹敵する最悪の事態が迫っていた。巨大な怪物へと変貌を遂げる原発に対して、想定外の状況を前にして判断を誤る科学者たち。情報不足のまま混乱を極める官邸、故郷に別れを告げて避難を急ぐ市民たち。打つ手のないまま、時は刻々と過ぎ、やがて無情にも地震発生の翌日、3月12日午後3時36分、1号機の原子炉建屋が水素爆発した。続けて3号機、2号機と連鎖するように起こる異変。破滅に向けてのカウントダウンは、止まることを知らなかった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
太秦
上映時間
130分

[c]「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • 梨剥く侍

    3
    2016/8/3

    福島原発事故をドキュメンタリーでなく劇映画として描くというのは、かなりの挑戦だ。菅首相以下官邸の人間は実名で登場するのに、東電が仮名になっているのは協力を得られなかったからだろう。起こった後の報道ではなく、リアルタイムでその経過を判断する場面を見るのは実に怖い。原発の“安全”というのは、“危うい均衡”だということがよくわかる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • わせい

    4
    2016/5/26

    3.11のドキュメンタリー風映画です。
    官邸につめる新聞記者の立場で地震・福島原発に対応する人々を描いています。
    議員会館の会議室で行われました。元首相の菅さんも挨拶されました。
    人間の無力さを感じさせる作品です。ひたむきな人々の努力に感動します。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告