映画-Movie Walker > 作品を探す > 夏美のホタル

予告編動画を見る 夏美のホタルの画像

『ふしぎな岬の物語』の原作者・森沢明夫の小説を、有村架純主演で映画化した人間ドラマ。将来や恋人との関係に不安を抱く少女が、見知らぬ土地で出会った人々とのふれあいを通して、亡き父親の思いを受け止め、成長していく姿を描く。監督は様々なジャンルの作品を手がけ、人物描写に定評のある廣木隆一

3/5
[?]評価方法について
総評価数 14
レビュー 3
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 16% (1)
星4つ 100% (6)
星3つ 50% (3)
星2つ 33% (2)
星1つ 33% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

写真家になる夢を持ちながらも、将来への漠然とした不安を抱える河合夏美(有村架純)は、煮え切らない態度をとる恋人・相羽慎吾(工藤阿須加)との付き合いに少々イラ立ち気味。そんな夏のある日、亡き父の形見のバイクに跨り、一緒にホタルを見た森へ向かう。カメラを手にした夏美はテントを張り、木々の緑が眩しい森の風景を撮りながらホタルを待とうと考える。買い物に立ち寄った黄色い看板のよろず屋“たけ屋”は、ヤスエさん(吉行和子)と“地蔵さん”と呼ばれる息子の恵三(光石研)が営んでいた。夏美に、空いている部屋があるから泊まっていけと勧める2人。その親切に甘えて、店の手伝いをしながらしばらく厄介になることを決める。やがて、夏美を追ってやって来た慎吾も一緒に居候することに。地蔵さんの友人、雲月(小林薫)の不遜な態度は腹立たしかったものの、近所の子供たちと川えびやテンカラ釣りを楽しみながら過ぎてゆく穏やかな日々。ところがある日、地蔵さんが倒れて入院。そして夏美は、地蔵さんが別れた家族との間に埋められない溝を抱えて、長い間苦しんできたことを知る。地蔵さんのために出来ることがないかと考えた夏美が取った行動とは……?

見たい映画に
登録した人
27

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 イオンエンターテイメント
上映時間 108
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 廣木隆一
製作 松本光司井上義久堀内大示
プロデューサー 田中清孝柴原祐一
原作 森沢明夫
脚本 片岡翔港岳彦
撮影 花村也寸志
音楽 石橋英子
音楽プロデューサー 杉田寿宏
美術 丸尾知行
編集 菊池純一
録音 深田晃
スクリプター 押田智子
音響効果 佐藤祥子
キャスティング 安生泰子
ヘアメイク 永江三千子
助監督 中里洋一
照明 北岡孝文
装飾 佐々木博崇
ラインプロデューサー 湊谷恭史
共同プロデューサー 宇田川寧
衣装 高橋さやか
制作担当 村山亜希子
視覚効果 松本肇

キャスト

河合夏美 有村架純
相羽慎吾 工藤阿須加
河合忠男 淵上泰史
公英 村上虹郎
美也子 中村優子
榊山雲月 小林薫
福井恵三 光石研
福井ヤスエ 吉行和子

レビュー

葛藤して知った家族の愛。心温まるひと夏の成長物語。

投稿者:門倉カド

(投稿日:2016/06/21)

【賛否両論チェック】 賛:それぞれが事情を抱えながらも、家…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 夏美のホタル

ムービーウォーカー 上へ戻る