映画-Movie Walker > 作品を探す > ぼくが命をいただいた3日間

冬休みの3日間を父親の故郷の山村で過ごすことになった小学生が、現地の人々との触れ合いや生活を通して、食べることの有り難さや命の尊さを学んでゆく。日本の伝統的な食文化をテーマに、人が生きることの本質を問う食育エンターテインメント。出演は『軍師官兵衛』の若山耀人、『JKは雪女』の平祐奈。「冷たい熱帯魚」のでんでん、「きいろいゾウ」の松原智恵子が脇を固める。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

都会で暮らす小学6年生の悠介(若山耀人)は、生まれて初めて父・啓太(高橋和也)の故郷の山村を訪れる。啓太の勧めで、祖父母の源蔵(でんでん)とフミ(松原智恵子)が暮らす父の実家で冬休みを過ごすことになったのだ。青い空と山の緑に囲まれた“田舎”の風景に気圧されながら、ようやく辿り着いた悠介を出迎える源蔵とフミ。しかし、そんな悠介を待ち受けていたのは、茶色いものばかりのご飯、辛い畑仕事、近所に住む奇妙な老人・辰雄(坂田利夫)との出会い……。一刻も早く帰りたいという思いを募らせる悠介だったが、彼この地に止まらせていたものはただひとつ、辰雄の孫娘・明日香(平祐奈)の存在だった。だがある日、源蔵が“今夜のごちそうだ”と言って持ってきた“あるもの”をきっかけに、都会の生活では決して体験することのない出来事に遭遇した悠介はショックを受ける。そんな悠介に、“いただきます”の本当の意味を教える明日香。さらに彼女には、誰も知らない驚くべき過去があった……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 KATSU-do
上映時間 56
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 工藤里紗
製作 岡本昭彦
プロデューサー 五箇公貴中村直史稲冨聡嶋和也
脚本 田中眞一
構成 西田哲也
撮影 灰原隆裕
音楽 岩崎太整
製作統括 福田一平片岡秀介
編集 神谷明
録音 福田伸
キャスティングプロデューサー 伊東雅子
ヘアメイク 清水美穂
助監督 吉川忠雄
照明 舟橋正生
ラインプロデューサー 小松俊喜
スタイリスト 杉本京加
フードコーディネート 南風食堂

キャスト

悠介 若山耀人
明日香 平祐奈
啓太 高橋和也
里美 伊藤裕子
フミ 松原智恵子
辰雄 坂田利夫
源蔵 でんでん
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ぼくが命をいただいた3日間