この世界の片隅に|MOVIE WALKER PRESS
MENU

この世界の片隅に

2016年11月12日公開,126分
  • 上映館を探す

第2次大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性すずの日常を描いた、こうの史代の同名漫画をアニメ映画化した人間ドラマ。『マイマイ新子と千年の魔法』で評判を呼んだ片渕須直監督が、徹底した原作追及、資料探求などを重ね、すずの生きた世界をリアルに描く。主人公の声をのんが演じる。

予告編・関連動画

この世界の片隅に

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

広島市の江波で生まれ、1944年の2月に18歳で呉にお嫁にやってきたすず。海軍勤務の文官・周作の妻となった彼女は、優しい夫の両親や厳しい義姉の径子、個性豊かな隣人たちに見守られながら毎日のくらしを積み重ねていく。だが、日本海軍の一大拠点だった呉は度重なる空襲に遭い、すずが大切にしていたものは失われていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東京テアトル
上映時間
126分

[c]こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.4
  • フジ三太郎

    4
    2019/8/5

    いつもぼうっとしているが、絵を描くのが抜群に上手いヒロインすずと、彼女の周りの物語。
    広島と呉という、2つの都市。前者はヒロインの故郷。後者は嫁ぎ先。冒頭の昭和初期の人さらいエピソードが、まるで日本むかしばなしのようにメルヘンチックで、しかもそれがヒロインの運命に決定的に関わっている。現実と夢を織り交ぜた前半の描き方が上手い。
    後半は、本土への爆撃が激しくなり、呉は大損害、広島はわりと何事もなし。一時はヒロインすずは、実家への「疎開」を勧められるが・・。
    コトリンゴの音楽のやわらかさ、のんの声のやわらかさ、そしてこうの史代原作のやわらかさと、全体を通じて、「銃後」の女性たちが戦争をいかに乗り切ったか、何を失い、何を得たか、そしてヒロインの心の成長は・・

    何となしに、劇場に続いて、先日テレビで鑑賞。やはり最初から最後まで引き込まれました。描写の細やかさが素晴らしい。とてもクラウドファンディングで作られたとは思えない。

    女性ならもっとこの作品に感情移入できるでしょう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 矢口渡

    3
    2017/7/20

    とても哀しいが涙が出るわけでなく、ただ暗い気持ちが続く映画。そして、ルールを守らせることが正義で、ルールを吟味する習慣のない民族国家の日本に、腹がたつ。
    そんな中でも、何も考えずに、自己主張をせずに流されて行く生き方に、初めて疑問を感じたすず。日本も目覚めるべきだ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ごいんきょ

    5
    2017/6/10

    舞台は我が故郷。
    すずさんのおばあさんは古江から嫁いできた。その古江は我が母校のある所。
    すずさんが嫁いだ北条家のある長ノ木。私の妻の実家の近く。
    すずさんの年。亡き私の母とほぼ同じ。

    いろいろ重なり感慨深い。
    描かれている風景も懐かしい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告